2015_04
07
(Tue)20:52

診察時のお役立ちアイテム? 国立がん研究センター冊子!

私は、この国立がん研究センター:がん対策情報センター:情報サービス発行の冊子をよく活用している。

にもかかわらず、2011年6月に発行されている下記の冊子を、私は目にしたことはない。最近の産経ニュースから知った。ご紹介したいと思う。

国立がん研究センター、
がん患者・家族向けに小冊子 医師に聞きたいこと網羅

産経新聞2015年4月7日より

国立がん研究センター冊子
小冊子「重要な面談にのぞまれる患者さんとご家族へ」の表紙と内容の一部

 医師にがんを告知されたとき、ショックで聞きたいことが十分に聞けなかったという人は珍しくないだろう。だが、疑問やもやもやした気持ちを抱えたままでは、その後の治療への取り組みにもマイナスの影響が出かねない。

 そこで、医師との重要な面談の前に患者や家族が目を通しておくと役立つ小冊子がある。

国立がん研究センター東病院のチームが作成した「重要な面談にのぞまれる患者さんとご家族へ-聞きたいことをきちんと聞くために」だ。

 全12ページで、がん情報サービスのホームページからダウンロードできる。作成されたのは平成23年とやや前になるが、同センターの調査では、昨年4月から今年2月までに約4850回ダウンロードされており、今も広く活用されている。

 病状や治療、生活、家族、心の問題など10項目について、患者・家族から医師への質問例計53問が挙げてある。

 最も多いのは治療で「どんな治療法がありますか」「ほかの患者さんはどんな治療をしていますか」「治療が効いているかはどのように判断するのですか」など20問。

自分が聞きたい質問の番号に印を付けたり、ほかに聞きたい質問を記入したりしておけば、面談の前に考えを整理できる。

 作成した内富庸介医師(現在は支持療法開発センター長)らが、進行がんの患者計63人を対象にした研究で有用性を確認した。

研究の参加者からは「こんなことを聞いていいのだと思えた」「質問のイメージがつかめた」などの感想が寄せられたという。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント