2015_05
15
(Fri)16:03

がん専門病院に転院した会員さんのその後!

 
4月30日のブログ記事の会員さんが、その後の経過をご連絡頂いた。

彼がかかっていたのは、埼玉県内のがん拠点病院。昨年1月から異常所見があるが原因が突き止められず、経過観察。

更に、昨年8月の検査でも変な細胞は出ているが、必ずしもがんではない。との診断で経過観察。

今年1月CT検査をし、肺に影があるも呼吸器外科でも経過観察。

今年の4月11日の真珠の会で、(遺族の会→彼は、がん患者の奥さんを亡くされた遺族会員さんであるが、ご本人もがん患者)上記のことを何気なくお話をされた。

私は、すぐにがん専門病院の〇〇医師を紹介し、彼は、早速受診。すると、CT検査の結果、尿管からがん細胞が出ていることが判明。

そのがん細胞の正体を見極めるために、3泊4日の検査入院をするとのこと。また、その後の結果をご報告頂くことになっている。

このことは、5月29日(金)の患者の集いでご本人からお話をして下さることになっている。

このように、現在かかっている病院で不安なこと不明なことが発生すれば、まずは、勇気を出してがん専門病院を受診して欲しい。私はいつもそう訴えている。餅は餅屋の典型的な事例である。

もう一つ欲を言えば、現在かかっている病院の主治医が、『当院では、判別できないので、がん専門病院で調べてもらえませんか?』と勇気を持って患者さんに伝えて欲しい。

たった一つの命、主治医に遠慮するような軽い命ではないことと、医療者自身にも訴えたい、『もし、こんな状態がご自分のご家族だったら、一年間も経過観察されますか?多分、他病院でその原因を探られませんか?』・・・と。

彼は、異常が発見されてから経過観察という理由で一年以上も放置されていたことが、今後のがん人生に悪い影響を及ぼさなければいいが・・・と心配をされている。

また、続きをUPさせて頂く予定!

ブログ関連記事!
4月12日のブログ発信記事


 【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント