2015_06
02
(Tue)21:30

がん患者の障害年金:ソーシャルワーカーさんや、ケースワーカーさんが障壁!

昨日も、がんが再発・転移をされている方からお電話があった。そのご相談者は他県の方で、このブログ記事をご覧になってお電話を頂いた。

その病態を聞くと、100%認定されるようながんの再発・転移であるにも関わらず、ご相談者がその病院のケースワーカーに尋ねてみると、

『がん患者の障害年金は、末期にならないと出ません。』と言ったと言う。本当にお話にならない。

依然、県立がんセンターからの招へいで、埼玉県の相談業務をなさっている方々が対象の講師をさせて頂いたことがあったが、『このがん患者の障害年金の申請に障壁になっているのは、皆様方です。どうか、がん患者の障害年金のことをもう少し勉強されて、正しい知識をがん患者さんに提供して下さい。』とお願いしたことがあった。

このブログで紹介した方は、当会が社労士さんをご紹介し、すでに申請の手続きに入った。

がんの障害年金の知識のない年金機構で無駄な時間を費やすことがないよう、思い切って社会保険労務士さんに申請を代行してもらうとよい。

私が紹介する社会保険労務士さんから、または、その相談者(依頼者)から、一円の謝礼もなければ社会保険労務士さんとの利益相反もない。

だから、こうして、大っぴらにこのがん患者の障害年金のことをPRすることが出来る。がんが再発・転移をしている人は、(まだ、老齢年金を受け取っていない方)NPO法人障害年金支援ネットワークに問い合わせ、〇〇県で障害年金に精通している人を紹介して欲しい・・と問い合わせればいい。

下手に自分の病態などを話すと、NPOの受付も、まだ若く経験の少ない社労士さんなどが、結構、無責任に『あなたの場合、難しいと思いますよ。』などという場合もあるようだ。だから、電話口で細かい話はせず、直接、最寄りの社労士さんをこのNPO法人で、何人か紹介してもらうとよい。

その紹介された方に金額や対応など、納得が行けば代行を依頼すればいいと思う。勿論、自分でも申請は出来るし、当会でも、社労士さんの力を借りないで受給に至った方は、2名おられる。

しかし、がん患者当人ではなく、その伴侶が動いてくれたケースである。良心的な社労士さんに出会えることをただ、祈るばかりである。


 【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/02 (Tue) 22:51 | # | | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

匿名希望様

閲覧&コメントありがとうございます。

ただ、厚生年金の場合は、3級から認定されますし、
当会でも、国民年金で最短で、申請から3ヶ月で認定されたケースもあります。

働いていても認定された場合もありますし、
やはり、医師の診断書が大きく影響されますので
どれだけ、医師がこの制度のことを理解しているかによっても変わりますね。

2015/06/02 (Tue) 23:23 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント