2015_06
24
(Wed)22:10

患者会へのご相談!

昨日、今日と立て続けにご相談のお電話をお受けしている。昨日は、会員さん。今日は、杉戸町内の方から。そして、もう一人は、ブログに書いたこの方が、本日受診をされた結果のご報告のメールを受信した。

mailの返信はまだしていないが、お電話の方は、お二人ともじっくりと時間をかけてお話をした。(これは、対外的な活動や表立った活動を自粛していることから、時間的ゆとりが出てきたということである。)

患者支援として、各拠点病院の相談支援センターや、(そこの病院の患者でなくても受けてくれる)院内外サロン。患者会。電話相談など、インターネットで検索すると、無料で相談を受けてくれるところが多くなった。

がん患者は、一頃に比べてがんと闘いやすくなったと思っている。

私も、東京と、埼玉で、病院の中でのピアサポーター(がん患者ががん患者さんのご相談をお受けする)をさせて頂いているが、

がん患者会は、あらゆる制約がないことから、かなり踏み込んだ対応をさせて頂いている。ピアサポーターでは、絶対に口にしない病院や医師の紹介もさることながら、

地域の病院の評判に至るまで、痒いところに手が届くような、かなり突っ込んだ話題も盛り込む。この10年間(会発足10年目)で得た情報を、私は余すところなくお伝えする。

この10年の間には、失敗と思えることもある。特に、自己責任ということを今では、しっかりとお伝えすることにしている。情報は提供しても責任は負えない。それを十分に理解して頂くことを忘れないようにしている。

過去に、上手く行かなかったことを、(医療面ではない。)後で、恨み節を言われたことがあった。『シャロームさんには、反対されると思っていました。』と、言われた。

あるご相談を受けて、私はその行為に対して反対をした。しかし、あまりにも強い意志を続けざまに訴えられたことから、仕方なく、不本意ながらそれを容認した。

その方は、自分の意志で動いたはずであったが、結果が裏目に出たことから、責任を転嫁し、『シャロームさんには、反対されると思っていました。』と、まるで私が反対をしなかったことがいけなかった・・・というようなメールを受けた。

そんな苦い経験から、いくら押し切られても、お勧めできないことは、はっきりと自分の意見を押し通すことを私はこの時に学んだ。

その方は、ご遺族になられてから退会をして頂いた。

誤解をされることもある。たぶん、私が誤解をすることもあるだろう。しかし、このがん患者会は、任意な団体である。入会も退会も自由であり、時に、退会を促されることもある。来る者拒まず、去る者追わずであるが、一定の基準はある。

信じられないような言葉を投げかけられることもある。でも、もう、それが嫌なら、さっさとこのがん患者会を閉鎖すればよいのだ。

閉鎖をしない理由は、やはり、『シャロームさんのような相談するところがあってよかった。』とか、『あの時に相談して救われました。』とか、『シャロームに出会わなければ、私はどうにかなっていた。』とか、そんな言葉を数多く耳にする度に、

一人や二人の裏切り行為にいつまでも留まってはいられない。次々に新しいご相談が舞い込む。そのご相談者に誠実に真摯に対応させて頂く。今、その体力や気力があることを感謝しよう・・・と思うようにしている。

本日のmailにも、『こちらからの質問にも的確にお答えいただき、〇〇先生のような方に診ていただけてとても安心できます。

これもシャロームさんにご紹介いただけたおかげですので、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。』と、診察の結果報告mailの末尾に書かれてあった。

名医をご紹介しても、こうして、結果をご報告されない方もおられる。情報を得たらもうこちらのものとばかりに、その後音信が途絶える人もいる。(これは、信じられないが本当にいる。)入会しますと言って、入会申込書を添付しても、そのままの方もおられる。

世の中、いい人ばかりじゃない!あるお医者さんがある時、次のような内容のmailを下さったことがある。『誠実に対応していたはずなのに、お叱りを受けることがある。感謝されてもよいようなものであっても、文句を言われる。そんな時は、爆発したい気持ちをぐっと抑える。』

というような内容だったかと思う。私は、幸い、こうしてブログを通して発信する場所がある。だから私は、このブログが私の自浄作用なのだ。すべてが上手く行く訳ではない。波風立たないなんてことは、どの団体もない。(団体自体は、波風立たないが、代表の私はやはり傷つくことがある。)

私の心がズタズタにされることがよしんばあったとしても、そしてそれは具体的には口に出来ないようなことであったとしても、たとえ周りには、理解されなかったとしても、(理解されようとは思ってない。何故なら、どうせ分かることはない。と開き直っている。)

私には、がん患者会シャロームの仲間がいてくれる。そのことが、私の活動を支える大きな原動力になっている。

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント