2015_06
26
(Fri)17:29

ある医師の言葉を私は忘れない!『もっと辛いのは、患者さんですから。。。』

午前中は、お天気だったので、趣味の家庭菜園(猫の額ほどの我が家のお庭)を楽しんでいた。無心で土いじりをしていたのに、急に脳裡に去来したことがあった。

それは、ある医師が言った言葉だった。

地方に住むがん友が、東京のがん専門病院にセカンドオピニオンに何度も上京していた。その医師のご配慮で、治療が変更する度にセカンドを受けていては経済的にも大変と、外来予約で診察を受けて下さった。

その医師は人気のお医者さんだったことから、予約が取りにくい状況になっていたので、がん友が受診したい日にちに合わせて、その医師ご自身に予約を入れてもらっていた。

一度、診察をするとその医師がPCで予約を入力することが出来るシステムを利用させて頂いた。それは、その患者さんが飛行機で上京することから、飛行機の予約と診察の予約は、すぐに決めてもらわないと身動きできなかったからだ。

特別な計らいを患者さんは受けていた。

ある日、彼女は、生きた足跡と闘病を見える形で残したかった。新聞社三社に持ち込み記事の手紙を送った。その内、一社がこの話に乗ってくれた。

掲載された彼女の記事を見て、私は目を疑った。『東京の医師はつれなかった。』と書かれてあったのだ。私は、すぐに電話をして彼女に確かめた。

『〇〇先生は、つれなかったって、あなたがそう言ったの?』と聞いた。すると、『そのように思ったから記者さんにそういったのは確か。』と答えた。

愕然とした。診察の横入りをして頂いたり、遠方から来たからと言って、聞き漏れがないように時間も十分取って頂いた。何回か私も診察に同伴した。

その恩義ある医師に、『東京の医師はつれなかった。』私はどの口がそう言っているの💢  頭に血が上った。熱の覚めない内に憤懣やる方ない思いをブログにぶつけた。恩知らずも甚だしい。そんな気持ちだった。

一気呵成に書いた私のブログのURLをその医師に送り、『このように書きました。
あれだけ先生にお世話になっていて、こんな仕打ちに私は納得がいきません。』と書いた。

すると、すぐにお返事が来た。『新聞を読みました。私も驚いています。でも、シャロームさんの気持ちはありがたいのですが、どうか、このブログは削除して下さい。私なんかよりも、もっと辛いのは患者さんです。このようにブログに書かれることは本意ではありません。』的な内容だったかと思う。

(彼女は、再発・転移をしていた。その闘病のほうがはるかに辛く、これ以上、彼女を傷つけることはないという意味。)

その医師は、一切の弁明をせず、ただ、患者さんの立場を守った。私の、先生の立場を守ろうとした報復?は、僅か5分であっけなく終わった。

このブログがUPされているほんの数分に、たまたまブログをご覧になった当会の会員さんが、『ラッキーでした。私、消されたブログ記事読みました。私もシャロームさんと一緒に本当に腹が立ちました。』というメールをもらったことがある。

勿論、結果としてブログを削除したことは、賢明な判断だったと思う。でも、書かずにいられなかった私は、たとえ、その数分の間であったとしても、自分の気持ちを一旦吐き出したことになる。

『つれない。』と言われたことに、未だに私は承服していないけれど、『自分はそう感じた。』と言ったその彼女の感想も、きっと真実だったのだろう・・・と、今では冷静にそう思っている。

私はそう感じなくても、他の人は同じ人を見、同じ扱いを受けても、感謝するものもいれば、冷めた目で観察し、冷やかにに評価する人もいるということ。人の思いは本当にそれぞれだってことなのだ。

あんな立派な医師に診てもらってもこうなんだったら、欠陥だらけの不出来な私が、周りの方に誤解されるような出来事にあったとしても、それは当然なことだろうなぁ~と、今では、妙に納得をしている。

今日は、ふと昔のことを思い出してブログ記事にしてみた。また、明日から癌晴ろう。

本日お庭で採れた“いんげん豆”無農薬だから、めっちゃ美味しい!
いんげん 
この1.5倍の量のいんげんを今朝、友人に貰ってもらった。
我々は、夫婦二人なので、胡麻和えにしてちょうどいい量。

明日は、この雨で更に収穫は増えそう。
野菜作り程、楽しい娯楽はない。そう思える私は本当に超幸せも~ん

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

最近、ツイッターフォローさせていただいてよくブログを拝見するようになりました。
いちいちごもっとも!と思う事が多くて、たまにはコメントを、と思いました。
私は会を立ち上げるでもなく、ブログなどを通じて出会った患者さんを年に数回ぐらい集めてワイワイする程度のことを続けていますけど、この10年間ではいろんな人がいました。
 
でもずっと付き合いが続くのは、正直で律義な人が多いですねぇ。
シャロームさんのブログ読んで、私も自分の活動を続けていこうって思いました!

2015/06/26 (Fri) 19:45 | rider #I4t1ZHtI | URL | 編集 | 返信

Re:

rider様

閲覧&コメントありがとうございます。

素晴らしい活動をされておられますね。
ネットから飛び出したオフ会は、どんなに楽しいことでしょう。

私にも経験がありますし、15年前のがん友さんと未だに付き合っています。付き合いが続くのは、正直で律儀な人!同感です。

このように書いていても、もう、それだけで十分と思えます。
理不尽な対応をされた人ばかりに目を向けていたら、
折角の人生、勿体ないですものね。

人をまとめるということ、計画を立てて、何かをやるということは、どんなことでも大変なことです。

その本人にしか分からない苦労があります。最初の頃は、この苦労を分かってよ・・・的な、(根底には、私ってすごいことやっているでしょ?偉いでしょ?)そういった当初の目的から逸れた自分の意識の問題に悩んだ時期もありました。

し、まだまだ達観していないことも多々ありますが、
それでも、この活動は、riderさんのなさっているお働きも、きっと、それにより救われている方が大勢おられます。

難癖つける方や、不義理をする方に目を向けると、怒りの感情しか出て来ませんが、逆にその反対の大勢の方の意見に耳を傾けると、

その人たちによって自分も支えられていることに気付かされ、感謝の気持ちが湧いてきます。

偉そうなことは言えませんし、私も人間出来ていないので、行きつ戻りつしていますが、一緒に癌晴り?ましょうね。

2015/06/26 (Fri) 23:28 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント