2015_06
27
(Sat)20:50

会員さんの併院が決まった!こんな嬉しいことはない!Part2その後

本日は会員さんの併院が決まった!こんな嬉しいことはないというタイトルのブログのPart2である。その後、彼女のがん(しこり)は、治療が奏功して小さくなっている。こんな嬉しいことはない。

一連の転院(併院)に私も関与していることから、本当にほっと胸を撫で下ろしている。

まだ二クール目であるが、現在、抗がん剤投与のために入院している。入院することはないと散々勝俣医師に言われたけれど、遠方なので、会員さんのたってのお願いを聞いて下さった。

勝俣先生も、twitterでこのようにおっしゃっている。↓

勝俣範之 @Katsumata_Nori 6月2日

抗がん剤治療を初回から通院治療可能という情報提供は必要と思います。もちろん、遠方からとか、色々な理由で、入院を希望されるかたがいるので、押しつけはしません。話し合って決めています。

私のところには、様々なご相談が寄せられる。先日も、都内の病院(がん専門病院ではないが、がんで有名な医師のいる病院)に転院した方から、次のようなmaillを受信した。

印象的なところだけを抜粋した↓(全文は、支障があるので割愛した)
>あの時、めーるをいただいてなかったら・・・
>電話をいただいてなかったら・・・。
>本当に、ありがとうございました。

このブログの“eメールはこちら”から『入会希望』のメールをまず受信した。入会申し込みをほんのちょっと見ただけで、私の中に、確認をしたいという思いがつのった

これは、深刻な病理結果なのだから・・・。初期対応が間違っていたら今後、大変なことになりかねないと、直観的に感じた。

すぐにその方にメールし、すぐにお電話をして確かめた。それは、急がなければならないと判断してのことだった。『おかしい』とか、『疑念が走る。』とか、そんな類。

術前化学療法に絶対に入らなければならないであろう抗がん剤が入っていなかった。抗がん剤の選択の時も、私にしてみれば意味不明の説明であった。すぐに平行してボランティア医師の腫瘍内科医に問い合わせた。やっぱり、毅然とした回答を得られた。

このような対応の時は、実は、大変疲れる。それは、私の、他人事ではない。と、必死になる私の性格も影響していると思う。

人の生き死にに関係する訳だから、『いくら自己責任です!』と言っても、後は知らんぷり・・・ということは出来ない。前出の会員さんの時もそうであるが、気を張り、神経を注ぐ。だから、結果が好転するとドドッと安堵の涙が押し寄せるヘナヘナヘナと腰が砕けそうになるのだ。。(ネガティブな結果だったらどうしようと、いつもハラハラする。)

本当に難儀な性格だと思う。こんなことだから、私はいつまでこの活動続けるのかなぁ~と正直、立ち止まってしまう。安心して枕することが出来ない。

次から次に深刻なご相談が入る。入っていい。今の私が何がしかのお手伝いが出来るのだから、自分が用いられているのだから、それに越したことはない。

それでも、私の人生、安堵することがない。安らげない・・・。だから、悩んでしまうのだ。この活動に終止符を打ったら、確かに、自由な時間が出来る。私だけの人生を楽しむことが出来る。贅沢な“暇”を存分に味わうことが出来る。

スパッとやめられないのも私の性格の弱さ。そんなことをウジウジウジウジ考えながら、ここ一・二年。気持ちが行きつ戻りつの繰り返し。

活動を続けるか否か、この両極端の選択を私はいつも決めかねている。こんなことをつぶやくのは、脳が疲れている証拠。こういう時は、さっさと寝るに限る!☆*:;;;;;:*☆good night☆*:;;;;;:*☆


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント