2015_06
29
(Mon)21:25

ワークショップ:担当者会議!

ワークショップ担当者会議が秋葉原の 一般社団法人 中外Oncology学術振興会議で開かれた。そのFFJCP(Forum for Japan Cancer Patients=がん患者会会議:患者会がお互いの活動内容そして問題意識を討議・理解・共有する場)の中の、ピアサポート部門の会議であった。主催者側の担当者は4人。患者会から担当者というか、取りまとめ約として任命された二人が参加した。

事前に主旨のmailが届いていたらしいが、例によって私はそれに気づけず、何が何だかさっぱり分からないまま今日の日を迎えた。

予定を忘れなかっただけすごい!と自分に言い聞かせるほど。色々と、忘却が甚だしい今日この頃!

患者会から代表としてご出席された方とは初対面。

最初は、気後れしてしまったが、会議終了後、会議室に残り二人だけでおしゃべりすること一時間。その後はお決まりの居酒屋で胸襟を開いてディスカッション。実に楽しかった。

なんで、初めて会った方とこんなに弱さをさらけ出せるか・・・と思えるほど、何のしがらみも自分を着飾ることなく腹を割って話せるか・・・。

それは、ピア(同じがんを体験している仲間)だからだ。それは、無防備とさえ思えるほど我々は心を開く。これが、ピアサポートの原点である。

相手ががん体験者というだけで、気が楽になり、毎日ガードを固めて暮らしているその緊張感は、たちどころにその姿は消えている。

まして同じがんの部位であるなら尚更である。聴かせて頂く、語らせて頂く。その基本を押さえてさえいれば、おしゃべりがこんなに楽しいものであるか、きっと誰もが実感することだろう。

諭そうとしたり、アドバイスをしようとしたり、こうあるべきと意見を言う人には、腹を割って話せない。対等な関係でなくなる。インタレクティブな関係(双方向性)互いに尊重しあう関係があれば、解決はされなくても、解消になる。

そして、その瞬間から新しい活路を見いだせる。ピアサポートとはそういった働きをなすものだということを、今日も、会議(打ち合わせ)や、その後のふたりだけのおしゃべりの中で感じた。

埼玉県のピアサポートフォローアップ研修会の講師のことで、頭がいっぱいであったが、忘れかけていた原点を今日は、もう一度、体験を通して学んだ気がした。気負わなくていい。むしろ、そういう力みこそが、相手との心の交流を妨げる。

心の準備も不要。もし、次に何を言おうかと考えていたとしたら、きっと、相手の話すことに全神経を注げないことだろう。私は、今日の会議の主旨も相手の方の所属も立ち位置も、な~にも情報を持ち合わせていなかった。そんな訳で、必然的に無の境地で臨んだ。

それが結果として私は、お一人おひとりのおっしゃることを、そのまんま受け取ることが出来た気がした。ただ、ただ、怠惰がたまたま益に変えられただけではあったが、ピアサポートの来談者は、予備知識もなければ、どんな方が来られるかも予測のつかない一元様。

まるで、本日の私の会議のように、病院の中でのピアサポートを彷彿とさせるようなひと時を、私は、ちゃっかり学びの場にさせて頂いた。まるで宿題をしていない生徒の勝手な言い逃れのようではあるが、まんざら、当たらずも遠からずである。

・・・と、勝手にそう思っている。そうやって自分の失態を都合のいいように変換してうまくバランスを取りながら生きている私は、随分、機能性の高い人生かと、はたまた我流の人生訓をぶった。

ほろ酔い気分で帰宅し、何だか、今日はいい気分。それもこれも、ピアサポート部門をまとめる担当者のお相手が、とても感じのいいひとで、私と波長があった・・・ということが、

一番、今の私をそんな気持ちにさせてくれているのだと思う。人と触れ合うということの素晴らしさを今日も、肌を通して感じさせて頂いた。

当会の副代表と一枚岩のように、このワークショップも意思疎通を図りながら、お相手の方と共に、この責任を全うしていけたらと思う。

まるで、所信表明!だって、私にとっては、今回のお声掛けが、実は重荷とさえ思っていたんだもの、第一段階突破を素直な気持ちで喜んでいる。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント