2015_07
10
(Fri)18:44

勝俣範之著『医療否定本の嘘』 会員さんのがん放置療法に揺れ動いた心境が如実に。。。

会員さんから、次のようなメールが届いた。会員さんが手術に至る前の心境が如実に記されている。

その彼女も周りのアドバイスがなかったら、危うい結果になっていたと思うと身の毛のよだつ思いがする。飲み食いにはお金を惜しげなく使うのだから、どうか、是非、命に直結するこの、勝俣範之著:『医療否定本の嘘』扶桑社のこの一冊を、是非、ご購読頂ければ幸いである。

会員さんの許可を得てコピペさせて頂いた。原文まま

.....................................................

今日、勝俣先生のご本が届きました。

早々とお送りいただきありがとうございました。 

大変読みやすく夢中になって読んでいるところです。

勝俣先生は週末ごとに講演会などで全国を行かれていて、いつ休まれているのかと思うぐらいの仕事量をしていらっしゃるように思われます。

先生の真摯なお姿には頭が下がります。

私はシャロームさんのブログを読んで、そして実際に勝俣先生にお会いして、自分が再発したら勝俣先生にお世話になりたいと思いました。

そのように思っていた先生が書かれたご本、それだけのものがあると思いました。 

私は乳がんと告知された時、最初にしたことは図書館でありとあらゆる本を借りたこと。その後はネットで検索しまくりでした。

図書館の本は後から思うと古い情報が多く、手術までの短期間の間に情報を得ようと思っている者にはもったいない時間だった気がします。

それでも近藤誠先生がらみの本は、とても魅力的でした。不安いっぱいの時期に、自分に都合の良いようにとれる内容でした。耳触りが良いんですよね。

そうなるとネットで近藤先生をググりまくりです。 

それでも放置でいこうと思いきらなかったのは、周りにいた同病の方たちからいただいたアドバイスのおかげです。

そして新刊の標準治療の本を手に入れたことです。ハッと我に返ることができたという感覚でした
 

今では標準治療をまず知って勉強して、それからどうしようと考えることが大切だと思っています。 

自分が乳がんになってから、自分の回りにがん患者が増えています。私に出来ることや知っていることは惜しみなくお伝えしたいと思います。それがシャロームさんに助けていただいたことに対する感謝の気持ちです。

がん患者会シャロームに対しても、出来る限りの協力をさせていただこうと思っています。勉強会には参加したいです。

したいのですが、親の介護の関係で行けるかどうか確約出来ないのですが、親の体調がよければ参加させてください。 

今日のブログで風邪を引かれて体調を崩されているとのこと。どうか眠剤が効いて十分な睡眠がとれますように。


そしてすっきりとした朝が迎えられますようにお祈りしています。役に立つ大切なご本を紹介していただきありがとうございました。

いつもいつも感謝しています。

........................................


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY

ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

 

 

 


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント