2015_07
20
(Mon)16:19

熱中症と自家製:経口保水液!

体は、
汗をかいたり、皮膚近くに血流を集めて体温を冷ましたりして、体温上昇を防いでいる。

ところが、
大量に汗をかくと、水分や塩分が不足し、内臓や脳をめぐる血液が減ってしまう。

そして、
めまいや、立ちくらみ、頭痛、嘔吐、倦怠感が現れる。

更に進むと、
汗をかけないことや血流の低下で、熱を体外に発散出来なくなる。そして、内臓がダメージを受け、体温が40度を超え始めると細胞が戻らなくなる。

すると、
意識を失ったり、多臓器不全になったりして、死亡してしまうことがある。

熱中症になると
一刻も早く、水分と塩分の補給を。太ももや脇の下などの太い血管を冷たいタオル等で冷やす。

経口保水液の作り方
水一リットルに対し、塩3g、砂糖20g~40g(水が小腸で吸収されやすいように、糖分を入れる)、飲みやすいようにレモン水(ポッカレモンなどを常備)を垂らす。

喉が渇いてなくても飲む習慣を!
食事以外で1.2ℓ。(三度の食事で1ℓ摂取)入浴前後や就寝前に飲む習慣を!屋外を歩いて汗をかくときは、必ず補給を。

この情報は、朝日新聞デジタル↓より
熱中症を知る、防ぐ なぜ重症化…体に熱こもり、内臓にダメージ
2015年7月15日05時00分


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
  

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント