『医療否定本の嘘 ミリオンセラー近藤本に騙されないがん治療の真実』勝俣範之著(扶桑社・1200円+税)

写真拡大

『医療否定本の嘘 ミリオンセラー近藤本に騙されないがん治療の真実』 

 昨秋、ゴールデンタイムの人気番組に近藤誠医師が登場し、「がんは放置せよ」と力説していた。

 彼を一方的に持ち上げるメディアの無責任さに、腹立たしい思いをした視聴者も多かったのではないか。治療に迷いが生じた患者さんを、いったい誰が受け止めたのだろう。

 がんは怖い。手術も抗がん剤も嫌だ。医療に不信感があれば、近藤氏は救世主のように思える。だが、がんもどき理論は間違っている。放置療法は人体実験だ。

抗がん剤を全否定するのも誤りである。乳房温存療法を日本に知らしめた近藤氏の過去の功績と、科学的根拠を欠く現在の主張を混同してはならない。


 本書は、多くのがん患者さんからのご要望を受け、刊行された。近藤説を一つ一つ検証し、「どこが間違っているのか」を解説している。

放置療法の実態も、患者の証言と記録に基づき、克明につづられた。近藤氏が繰り返し引き合いに出すデータの嘘も明かされている。

 著者の日本医科大腫瘍内科教授・勝俣範之氏は、近藤氏が2回対談を断った最前線のがん専門医だ。近藤本の被害に遭った患者さんを何人も診てきている。

勝俣氏は言う。「近藤本を生んだ背景にも問題はある。われわれ医療者は襟を正さなければいけない。ただ、患者さんには正しい情報を知ってほしい」

 近藤本を論破する本としてだけではなく、最新・最善のがん医療とは何か、命と、命の質を守る医療とは何かを知るために、ぜひご一読いただきたい。(扶桑社・1200円+税)

 評・小川亜矢子(扶桑社 書籍・ムック編集部)