2015_10
06
(Tue)18:30

痛みは我慢しない!

当会には、某理由でとても両手の痛い方がおられる。痛くて眠れないほどだと言う。それを家族につい言ってしまうのであるが、『聞きたくない。』と痛みを訴えることを嫌がられる。

これだけを聞けば、何て、冷たい家族だと思うかもしれない。実は、そうではない。よくよくお話を伺うと、お医者さんから処方されている痛み止めを服用しないのだそうだ。

『どうして、痛み止めを飲まないの?』と尋ねると、『私の姉が薬はなるべく飲まない方がよいと言われているので・・。』とのこと。

おっと、あなた、おいくつ?と聞きたくなるくらい、私と変わりない年齢。いくら、説明しても、ご理解頂けない。

そんな人は、もしかして、どんなに勉強しても聞く耳を持たないのかもしれないが、昨日学んだことによると、

【痛みを我慢すると】
・眠れない
・不安がつのる。
・抑うつになる。
・食欲が低下する。
・体力が低下するetc

我慢してよいことなど一つもない。私がもう一つ付け加えるとなると、やはり、気力低下と共に、人間性を失ってしまう・・・ということだと思う。つまり、生きていたくないと思う程。

そして、更に、我慢をし続けると、痛みに過敏となり、痛みは増強し、しまいには、鎮痛薬が効きづらくなるとのことであった。

埼玉県立がんセンター緩和ケア科の金島正幸先生は、面白いたとえを示して下さった。ボヤなら、バケツの水や消化器でも対応できるが、家事になってしまえば、消防車が必要になる。・・・・というようなものだと。

がんの痛みは、徐々に増強していくとは思われるが、まずは、普通の鎮痛剤から、医療用の麻薬(オピオイド)へと移行していく。

こうして、痛みをうまくコントロールして頂くことで、生活の質(QOL)が保たれ、その人らしく、快適な日々の生活を送れることが出来るようになる。

ただ、根拠のない迷信は次のようなもの。まったく、こういうことはないので、積極的に痛みのコントロールをして頂くことを、私はこれまでも、また、これからも、強く発信していきたいと思っている。

【根拠のない迷信】
・中毒者のように気が狂ってしまう。
・麻薬を使うといつか効かなくなる。
・麻薬を使うと寿命が縮まってしまう。
・麻薬を使うのは、末期のがん患者さんだけだ。
・麻薬を使うと、もうおしまいだ。

あ~何たる迷信!


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

ああ、その会員さんに声を大にして言いたい!

もどかしいですねえ。シャロームさんの助言が届かなくて。

鎮痛薬は身体に悪いから歯をくいしばって我慢する。という人の多いこと!実は私もその一人でした。

股関節が悪くて一足毎に痛いのに、習慣になって身体に悪いから痛み止めは飲みたくない、と頑張ってきたのでした。

とうとう、とうとう我慢しきれなくなって、初めて鎮痛剤を飲んだ日に、1時間くらいして、すーっと痛みが薄れた時のびっくりを覚えています。

その後手術で痛みが取れるまでの5年間ほど、量もどんどん増えて一回たりとも欠かせなかった鎮痛剤でしたが、常習性も副作用もなく、早く飲んでいればあんな辛い時期を過ごさなくてもよかったのに・・・と、とても後悔しています。

がんの痛みとは違うから一緒には論じられないかとは思うのですが、先日主治医の講演会で、先生も『せっかくいい治療が目の前にあるのに、日本人は我慢強いのが美徳という文化が浸透しているから・・・』と残念がっておられました。

どんな痛みも、痛みは身体に悪いです。薬を上手に使って、その会員さんの、人に訴えなくてはいられないほどの手の痛みが良くなりますようにと、心から願います。

2015/10/06 (Tue) 22:13 | koba #- | URL | 編集 | 返信

Re: ああ、その会員さんに声を大にして言いたい!

koba様

閲覧&コメントありがとうございます。
この会員さん。あなたもご存知ですよ。患者の集いにご参加されておられるでしょ!!

先進国で、麻薬の使用量は、かなり低い・・といった講演を聞いたこともあります。
これは、痛みはがまん! という間違った認識をお持ちの人が多い!ということだと
思います。

私は、緊張すると胃痙攣がおこったり、胃痛に悩まされることがあり、
最近は、鎮痛薬を携帯するようになりました。私の場合は、ただ、バッグにいれるのを
忘れるだけですが、

痛みを我慢する人は、何一ついいことなどないのに、
本当にがんこ!!!

言うだけは言うけど、それ以上は、もう何もしようがない。
だから、こういったブログで発信するのです。

当会にもありましたよね?術後の治療をしない!食事で治す!と。
何度も治療を勧めたけど、もし、再発しても後悔しない・・と。

でも、体に異常が現れた時、会員さんは、すぐに私のところにSOSをされてきた。
(テーマとは逸れるけど)
勿論、あの時に治療しておけばよかったでしょ・・とは言えない。
でも、こういった、歯がゆいことがあるということは、
どんな場面でもありますね。

聞く耳を持てないひと。後悔先に立たずなんだけど、無力さを感じますね。

2015/10/07 (Wed) 09:22 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント