2015_10
09
(Fri)17:09

お声を掛けて下さった方からメールを受信した!♪

昨日、先日ブログに書かせて頂いた方からメールを頂いた。嬉しくて、そのメールをブログに転載させてもらってもよいかどうか、昨夜打診した。

そして、本日、了解を得た。患者会を運営するということ、牽引するということは、実は、並大抵なことではない。他の代表はどうだか知らないが、意外に苦労は多いものである。(恩着せがましくて。ごめんよ。)

思いもよらないことに遭遇することもある。そんな時は、たった一人で苦悩することもしばしば。勿論、人間的にも素晴らしい副代表に恵まれている。本当にありがたい。

でも、やっぱり代表は、寂しいなぁ~って思うことがある。だから、いっそ、10年やらせてもらったから、ちょうど限だから、今度は、自分の時間を楽しもう・・・なんて、ずっと、ずっと逡巡してきた。

私は、悩むタイプの人間なので、シャロームさんは、代表にはふさわしくないと思うかもしれない。でも、そうじゃないと私は断言できる。

何故なら、このリンク先に、奥村隆『僕と息子のアスペルガー物語』の中にも書かれてあるが、引用すると、

同時に、こうも思うのです。発達障害が専門の医師であっても、そして、どんなに優秀な医師であっても、自分が発達障害を持っていなければ、それを抱える人間の心理を正確に理解するのは非常に難しいのではないか、と。』

傷つきやすいからこそ、傷つき打ちひしがれている方の傍らに寄り添わせて頂ける。私は、そう思って、今日まで来た。色々と言われることもある。その度に傷ついてきた。でも、だからこそ、弱っておられる方のお気持ちが手に取るように分かる。

立派な代表を求められるのであるなら、当会はふさわしくないので、他で元気をもらって欲しい。私は、自分の弱さをそのまんま露呈する。それが、当会の特徴である。

あと一つ、元気な人は、元気な人に出会うと更に元気になる。でも、そんな方は、ご相談にはお見えにならない。概ね、当会にもつながらない。

弱っておられるから、ご自分の気持ちを分かって貰えるかもしれないという期待を持ってご参加されるのかもしれない。

だから、弱さを抱えておられる方は、当会で、元気を得られるのかもしれない。元気な人は、別にブログをご覧にならなくても、他に元気になるヒントは、そこここに転がっている。元気な方は、いつもアクティブ。

そうそう、
先日、私のことを、『シャロームさんは、いつもアクティブで羨ましい。』と言われた。何だか、ちょっぴり寂しかった。もっと、私の深淵の思いを理解して欲しいなぁ~って、声なき声を上げていた。
......................................................................................................................
シャローム様

先日、緩和ケアのイベントで話しかけた、〇〇△△と申します。お忙しいところ、突然話しかけてしまい大変失礼致しました。

そしてその日のブログにまで書いていただき、光栄と思っております。

落ち込んだ時、不安な時、迷っている時、心が弱っている時、、、、ブログを読んで何度励まされたことか、勇気をもらったことか、気持ちが落ち着いたか、数え切れないほどです。

本当に救われています。

そして、がんについての情報や知識を教えてもらっています。がんセンターの緩和ケアイベント情報も知りましたし。大変感謝しております。

私は〇〇癌と△△がん患者です。~略~手術から2年4ヶ月経過しましたが、まだまだ不安です。

ブログ、楽しみにしています。
..............................................................................................................................
私は、単純だから、このようなメールは、私の活力剤になる。勿論、ご指摘があれば、謝罪して前に進む他ないが、そんなことばかりだと、やっぱりやってられない。こうして、こんなメールがあるから、何とか、自分を支えられる。

この活動はボランティアだから、だから、せめて、こんな言葉を心からありがたいと思ってしまう。期待しているのではない。聖人君主ではないし、立派なことも言えない。

こんな言葉を嬉しいと思う感覚は、間違ってるのかもしれない。無償の愛は、こんなことで一喜一憂しないのかも。

マザーテレサのようには、私はなれない。

そうだ、こんな方を今、思い出した。お姑さんは、体がお弱りになっており、いつも、お嫁さんに『ママ。ママ。ありがとう。本当にありがとう。』そういって、お嫁さんに沢山お礼を言い、労っておられた。

ところが、そのお姑さんが、階段から転落して、病院に入院した。それを境に、お嫁さんのことを、認識出来なくなってしまった。それどころか、甲斐甲斐しく世話をするお嫁さんに『あんた、誰?』という始末。

お嫁さん曰く。『今までは、ちっとも苦労を苦労とも思わなかったが、あんた誰と言われては、やる気がおきない。』と、何だか、それに似ているような気がするな。

私は、狭量な自分であることは分かっている。だが、どうすることも出来ない。お嫁さんの心境も、そんな立場になってみなければ、その気持ちは、誰にも分からない。。。。。。

グダグタ独り言許されて!

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント