2015_10
10
(Sat)15:50

会員回答Q&A:体のだるさは、放射線それとも、オピオイドの影響?

Q.今年〇月に、子宮体がんの手術を受けました。術前、術後に抗がん剤も受けました。〇月に寛解と診断がありましたが、〇月に再発。

手術できないので、放射線治療しますということで、約1か月、28回の放射線治療を、明日で終了します。

放射線の効き目が心配ですが、今は、息切れや疲れがひどく、オピオイドのせいかなぁと思っています。

オキシコンチンを夜3錠、朝2錠服用しています。頓服にオキノームも飲んでいます。〇〇様は、このような症状はありますか。突然のお尋ねで、失礼いたします。よろしくお願いいたします


A.私も子宮体がん患者です。罹患して〇年になりますが〇年目、〇年目に再発転移して今年の春からは黄体ホルモン薬(ヒスロンH)を服用しています。

放射線は初発の術後補助療法として治療してもらいました。やはり28回、定期券で通院しました。回を重ねるほど下痢と倦怠感はひどくなり、駅までハァハァしながら歩いた記憶があります。

私はオピオイドは使ったことはありませんが、放射線だけでも倦怠感、疲労感はあるものだと思います。それでも放射線治療が終わって3ヶ月後には職場復帰していたので症状も徐々に緩和していったのだと思います。

私の場合は治療後1ヶ月くらいしてお腹の皮膚が赤黒くなってベロンと剥けました。特に痛みなどはありませんでしたが…

放射線治療の効果はすぐにはわからないようで歯痒さがありますよね。奏功するといいですね!!何か気になることがあったらまたmailしてくださいね。

.............................................................................

このような組み合わせをマッチングセオリーという。簡単に言うと、同じがんの部位。互いに再発をしている。照射の経験があるなどであるが、類似であって、まったく同じということは、あり得ない。

しかし、こうした体験者の言葉は、力強い。不安や心配が軽減したりすることから、このマッチングは、とても大切である。

同じ部位の方は多くても、それは、マッチングにはならない。やはり、ある程度、似通った経験が必要(組み合わせ)となる。更に、一歩先行く会員さんの存在は、大きな勇気になる。

しかし、先輩会員さんは、条件として、メールでの交信や、患者の集いでの顔合わせということでお引き受け下さった。やはり、電話は簡易であるが、相手の都合がまったく見えないことから、多大な迷惑を掛けることになる。

先日も、また別の方から、同じ体験をしている方・・・というご要望があったが、先輩会員さんが、お相手がまだ小さな(小学生)お子さんをお持ちなので、そう簡単には、ご紹介出来ない。

まずは、患者の集いで、互いにお会いしてから、アドレスや電話の交換ということになる。すべて、十把一絡げにはいかない難しさがある。

★なお、掲載については、両者の了解を得ている。特に、ご相談者の方からは、

どなたかのお役にたてるのは、今の私にとりましても励みになります。〇〇様から私がいただいた元気を、もっと多くの方々に、差し上げて下さい

というありがたいお言葉を頂いた。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント