2015_12
03
(Thu)21:41

危うし!抜歯なるか、免れるか!part2

私の歯の治療は、最終段階に来た!

結論から先に言うと、抜歯は免れた!危機一髪!本当に謙虚で、優しくて、穏やかで、静かで、そして、きちんと説明をして下さる。腕のいい医師に出会った。

事の経過は、このブログ記事を読んで欲しい。私のブログを読んだご近所の友人は、一念発起して、彼女もまた東京医科歯科大に行ったという。

彼女の場合は、ペイン科にまわされ、適切な処置をして頂いている。こうして、ブログがお役に立てたようで本当によかった。

根管治療は、ひとまず終了し(何と、今日は、一時間半)来年一月に治療完了となる。今まで通院していたクリニックでは、『もう、後は、インプラントしかない。』と言われた歯が蘇った。

懸念された歯頸部分に亀裂が入っていたようであったが、私の主治医は、より熟練された医師を呼びに行かれ、ご意見を聞かれた。

『えっと、先生のご質問は何かな?それは、ちょっと難しい。接着剤で固定して上げたらいいと思うよ。』アドバイスをされて立ち去られた。

上げたらいいよ!この言葉は、取りも直さず患者をきちんと、尊んで下さっているということである。そうして差し上げて!という意味だ。

歯頸部分が亀裂をしていると、細菌が入り易い。そこをきちんと埋めて下されば、侵入を防げるということだ。今日は、顕微鏡で細菌のないのを確認して歯根に薬剤をしっかり入れて下さった。

今日の治療は、何と、一時間半。この東京医科歯科大で治療を始めてからというもの、今までずっと抱えていた不安がいっぺんに吹っ飛んでいった。

治療後の違和感や噛めば必ず走った痛みが消えた。毎回、ラバーダム(ゴムのマスク)を装着されて唾液などからの細菌が入らないよう、厳重に治療をして下さった。

このラバーダムは、大学などの授業では使用を勧めているが、保険点数に入らないので、開業医ではほとんど使用されていない。

帰宅してから夫に伝えた。『歯が残ってよかったねぇ~。』喜んでくれた。経済的にも大助かり。因みに、インプラント一本のお値段は、40万円。夫は、今年インプラントにした。『僕も、もしかして、医科歯科大に行っていたら、インプラントにしなくてもよかったかもね。

でも、歯磨きをしっかりするという指導のお蔭で、きっと、他の歯を守っていると思うから、これで、よかったとは思っているけどね。』

後、私希望は、自費でもいいので、銀で被せるのではなく、セラミックにしたいけど、叶えられるかなぁ~。予め希望を伝えておいた方がよさそうだ。しかし、大学病院で自費診療を受けられるのだろうか。とにもかくにも問い合わせてみよう。


【がん患者用帽子のPR! 】 
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。
 










C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント