2015_12
20
(Sun)21:13

私に余命を告知しないで下さい!会員さんの闘い様!

私にとって、忘れられない会員さんは多い。その中でも、11月28日に召天された会員さんは、いつまでも、私の心に残っている。

本日、やっと、気持ちを落ち着けてご遺族にお電話することが出来た。ご主人様がお出になった。『奥様のご逝去をお悼みいたします。がん患者会シャローム代表です。』

ご主人様は、がん患者会シャロームに奥様が繋がったことを喜んで下さり、勝俣医師との出会い、余宮医師との出会い(余宮医師宅でのオフ会の時は、ご主人様が車で送って下さっていた。)そして、シャロームとの出会い、私との出会い。

大変お世話になり感謝していると、おっしゃって頂いた。しかし。。。ご主人は、奥さんが作ったリストの中に、がん患者会シャロームの代表名が入っていない。どうして、妻の逝去を知ったのかと聞かれた。

『えっ。そんなリストがあったのですか?彼女は、死が怖くて、恐れていたのに、そんな万が一の時の連絡網を作っておられたとは驚きです。私は、息子さんから、ご連絡を頂きました。奥さんが、生前、息子さんに託されていたそうです。』

彼女は、緊急入院してからも、主治医に、『私の余命告知は、要りませんから。』と伝えていたという。『だから、まさか、すぐに命の火が消えるとは思わないで逝った・・・、それでよかったのだと思う。』とおっしゃっていた。人それぞれの闘い様あり。

患者の集いも、てっきり、彼女の運転でいらしていたとばかり思っていたが、実は、ご主人が運転されており、車の中で待っておられたとのこと。知らなかった。

いろんな話をして頂いた。杉戸の方に来れなくなってからは、地元のお友達に支えられたとも。ある時期からは、シャロームから地元(群馬県)へとシフトされ、そして、ご家族・ご友人に見守られて逝った。あっぱれな闘い様。

シャロームは、シャロームの働きを全うできた。私には悔いはない。ただ、大好きだったよ!そうきちんと伝えればよかったとは思っている。

シャロームには、重い重い現実がある。私の頭と心がバチンと音をたてて爆発してしまうんじゃないかと思うこともある。爆発してないけど。。。

きちんと、ご遺族にご挨拶をしたい方がまだおられる。このご挨拶を終えて初めて、会員さんとのお別れとなる。

当会は、お通夜も告別式も参席しない。会費を徴収していない患者会であり、生前の交わりであることを、強調している。そして、故人を偲ぶのは、患者の集いでの黙とうとさせて頂いている。

しかし、私にとってその交わりの終結が、ご遺族からのお話をお伺いして、初めて完結となるのである。

さらに、今日・昨日とご深刻なご相談をお受けした。『まさか、こうなるとは思わなかった。』何度もその会員さんは口にした。『シャロームさんに言われていたけど、その時は、想像出来なかった。』・・・と。今後のことで注意点をお話させて頂いた。

がん患者の一人ひとりは、特に再発・転移をされておられる方は、これから先に起こることなど、想像できない。想像しようとも思わない。だって、受け入れられない。そんなことを考えて生きていたくない。

でも、だからこそ、やっぱり、一歩先行く会員さんが教えてくれた、見せてくれた背中を、私は、嫌がられても、耳をふさがれても、次に続く方に伝える役目がある。

それをもし拒否されるなら、当会に繋がる意味がない。勿論、聴き合いの会ではあるが、それだけではなく、あらゆる情報を提供し、皆で共有する会でもあるのだ。

その情報が間違ってはいけないから、私は、常に勉強を怠らない。会を牽引するだけでなく、アンテナを広げて情報収集に奔走する日々なのである。

『頭が真っ白になりました。何をどうすればよいのか、判断できませんでした。まさか、急にこうなるとは思ってもいませんでした。』まさかの坂は、急なのだ。

どんなに素晴らしい医師でも、充分なフォローが出来ていると思われるような体制で、今後のお話をされたとしても、患者にとっては、頭が真っ白になるのだ。だから、本当は、その前に、予備知識を持つことを拒んではいけないのだ。

今までに、口を酸っぱくしてお話をさせて頂いても、この現実を目の当たりにしない限り、やはり、私を含め、人は鈍い。『こうなる前に、だから、あんなに言っていたのに・・・。』悔しい思いをすることが私にはある。

最善を期待し、最悪に備えることは、本当に大切なことなのだが、やっぱり、がん患者には届かない。そんなことを、このタイトルとは別のご相談で思わざるを得なかった。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント