2015_12
23
(Wed)16:07

本物のお気持ちに感謝!私の知らないところだからこそ・・・

私は、けなされることもあるけど、(笑)私を目の前にしたら、お世辞だったとしても、大変褒めて下さる方は多い。

でもね。『この人、私のいない所で、同じことが言えるかしら・・・・』と思う人はいないでもない。信じることは難しい。信頼し合っていたとしても、あることで、ガラガラと音を立てて崩れることだってある。

本物って、たとえ、意見が違っていても、それでも交流が続くってことじゃないのかな?なんて、この年で思ったりする。

意見が合っている時は、仲がよいのは当たり前。でも、そうじゃなくなった時、いとも簡単にいがみ合ったりしないだろうか?

私は、よくいじけたり、自分にすねたり、人と交わるのが煩わしいなぁ~って思うことが、しょっちゅうある。

今までは、自分を押し殺してまぁ~。まぁ~。体裁を整えて何も思っていないかのように振る舞ってきたこともある。

でも、がん情報サービス ストレス解消法の中に、『勇気を持って断る。』というフレーズがある。この言葉に触れた時、私は、ものすごいものに出会ったって、滅茶苦茶嬉しかった。

今まで、断れない私の人生があった。この患者会もそうである。様々な方のご相談に応じている中で、ものすごく無理している自分に気付くことがある。だって、その人にとって、私が引いたらきっと困るに違いないと思うからだ。

でも、そうすることで私は、どんどんストレスがたまったとしたらどうだろう。他の方のアクセスに充分応えきることが出来なくなってしまうことだってある。

もはや今の私は、自分ひとりだけの人生とは、言い切れない立ち位置に立たされているのだ。

だから、断る(これ以上のおつきあいなども意味する)には、勇気が私の場合いる。このことは、ストレスを抱える人の気持ちを十分理解しているから、勇気を持って・・・という文言が敢えて書かれてあるのだと思う。

このお蔭で私は、随分、この勇気を持って断ることを少しずつ実践できるようになったら、本当に楽になった。

そもそも、人のお世話をする。患者会を立ち上げる。そんな設立者なんて、お節介であったり黙ってられない人であったり、見て見ぬ振りが出来ないお人よしの方たちばかりだ。

患者会の代表ばかりが集まる会合などでは、本当にキャラもカラーも違う。が、一つだけ言える共通点は、馬鹿がつくほど、お人良しが多い。

勿論、その活動を事業にしている人は、別である。その方たちは、お仕事なのだから、がんばるのは、当然なこと。

儲けもなく、謝礼も取らず、(これは、欲しいと言っているのではない。当会は、かなりこういったことに対しては、厳しい。

私にもらったものでも、みんなで別け合う。私がとった杵柄ではなく、私の知識は、皆さんが私に身に着けて下さったものだから。こういったことに対しては、結構、口うるさい。

個人的に頂くと、正直迷惑だったりする。患者の集いに出せない賞味期限の物は、私が買い上げ、ネットで同じものを注文して、自腹で払う。だから、私にお世話になったからといって、私に物を持ってこないで欲しい。私の出費がかさむだけ。)

ただ、一言、その後のご報告が欲しい。それだけである。(心配してるんだから、それくらいしてよね。♥)

さて、タイトルから、またまた、逸れたが、昨日、ある医療ジャーナリストさんからメールを頂いた。ブログ転載の許可をまだ得ていないので、パーツだけ貼り付けさせて頂く。

医療ジャーナリストさんwrote
話はちがいますが、拙著で紹介した~略~男性の奥さんが、闘病中にがん患者会シャロームの支えをいただいたと話されていました。シャロームさんは、本当に貴重なご活動をされていると改めて感じます。

私は、私のいないところで、このように、ジャーナリストさんにお話をされた・・・ということが、とても嬉しかった。ちょっと、間違いでない?と思ったのだが、ジャーナリストさんがそんなあやふやなことを私におっしゃる訳がない。

私のいないところで、私を評する!それこそが、よきにつけ、悪しきにつけ、本物であり、真実であると思う。だから、私は、本当に嬉しかった。何だか、日ごろの労苦が報われた気がしたのだ。人と人との繋がりは、物じゃない。見える形で終わらせてしまってはいけない。返礼をしたら、それで終わった気になってしまう。

本当のお礼とは、その恩義を忘れないことだと私は思ったりする。誤解を恐れず敢えて言うけど、私に恩義を抱き続けということではない。

よく、色々と、思い違いをする人が結構多い。そんなこと言ってないのに、『いや、あの時、こう言った。』と言い張る方もいる。

ややこしいなぁ~。面倒だなぁ~。なんで私の気持ち伝わらないかなぁ~。寂しい思いをすることもあるけど、私は、断る勇気という強い味方を得たので、私は、このフレーズを今後、フル活用したいと思っている。

つれづれなるままに。

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント