2015_12
25
(Fri)17:20

今年の私のヒットは、東京医科歯科大学病院 受診!

本日、友人からメールが来た。『シャロームさんのブログのお蔭で、私も医科歯科大に転院した。じっくりと患者の話を聞いて下さり、納得いく説明をしてもらい。それだけで、癒されます。』というような概要のメール。

私は、そもそも、結婚して30年以上、一度も歯科クリニックに受診することはなかった。(必要がなかった。)ところが、2年程前から、歯の痛みを覚え、歯科クリニックに足しげく通うこととなり、クリニックは、3軒変わった。

この歯については、二度、ブログに掲載している。

11月5日
危うし抜歯なるか 免れるか!

12月3日
危うし抜歯なるか 免れるか!part2

医科歯科大は、大変込み合っており、一度診察してから、主治医が決まるまでに私の場合、半年はかかると言われた。が、半年待ってもいいから、大学病院でしっかり診てもらおうと腹をくくっていた。

ところが、“主治医が決まりました。この日に受診して下さい”というはがきは、初診から2週間で届いた。主治医は、私にすれば、非の打ちどころのない誠実で好感の持てる池田翔太医師だった。これは、ラッキーの何物でもない。

兎に角、説明が丁寧なので、私のような聞きたがり屋の患者は、大助かりなのだ。

根管治療は、時間を掛けてしっかりと細菌が入り込まないようにしなければならない。(その重要なアイテムが、ラバーダムなのだ。)それが、充分でないと、治療は長引くばかりで終了とならない。

(このラバーダムを開いて欲しい。現在は、診療報酬点数に入っていないので、これを使用するということは、赤字になるということである。

時間的にも金銭面でも、開業医では、使用されなくて当然なのかもしれない。日本の診療点数の低さも、外国に比較してかなり低いということである。)

ところで、
近所の歯科クリニックでは、歯の噛み合わせが悪いせいだとばかり言われ続けていたので、私の側に原因があるものとばかり思っていた。(熱心なお医者さんではあったが・・・)

中途半端な根管治療→被せる。→痛み発生→中途半端な根管治療→被せる→痛み発生・・・・が、延々と続いてしまう。(それは、細菌が残っているか、もしくは、新たに細菌の侵入を防げない治療後の環境にあるか・・・である。)

最初、医科歯科大に行った時に撮ったレントゲンでは、明らかに、根の先に黒い影があった。これは、私の場合、細菌感染による炎症であったが、(原因は、色々人による。)これがある限り痛みが続いているということであった。

虫歯治療は、通院する度に、歯を削られるので、私の歯は、風前の灯であった。近所の歯科医からは、インプラントの道しか残されていないと言われたが、意を決して、医科歯科大に行った。

義歯外来から虫歯外来に回され、そこで治療が始まった。これが、運命の分かれ道。崖っぷちで救われた。

治療時間は、最低でも一回、40分。大勢の先生方がおられるので、それくらい治療に要しても、しっかり患者さんは、流れている。

最後の治療は、何と、一時間半も掛けて、丁寧に根管治療をして下さった。終わった時は、顎があんぐりと開き、まるで不可逆のようであった。(笑)

来年、最終の金属冠で治療終了となる。(歯の全面もしくは一部をおおい、その機能と外観を回復させるものをいう。歯の全面をおおうものは全部被覆冠、一部分をおおうものは一部被覆冠と呼ばれているそうである。)

来年の最終治療が楽しみである。医科歯科大に転院したお蔭で、いつも、どこかにあった憂鬱の種が取れたようで、心晴れやかな日々を送っている。

より専門性の高い医療機関に行くということが、こんなにもQOLに差があるとは、正直思ってもいなかった。これは、すべての医療にも当てはまるのではないかと思った。

がんはもとより、難治性だと判断したなら、思い切って大きな病院に行くことをためらってはいけない。私の体験談であった。

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

はじめまして。「医科歯科大学 ハガキ」で検索してこちらにたどり着きました。
私も医科歯科大学で5か月待ちと言われ、とりあえずハガキが来るのを待つことにした一人です。
本当に5カ月だったら…と思うと憂鬱ですが、今日担当してくださった若い女性医師の話では「3か月より早くなることは考えられないですね。早くて4カ月でしょうか・・」と言われてしまいました。
シャロームさんのように早くハガキが来てくれればありがたいのですが。(>_<)

2016/01/21 (Thu) 15:01 | チラ #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

チラ様

閲覧&コメントありがとうございます。

私の場合は、義歯外来は、まだ、ハガキが来ていませんが、
義歯外来から廻された虫歯外来は、二週間でハガキが来ました。

現在私は、虫歯外来では治療が終了したのですが、
次のステップの義歯外来の予約待ちです。

やっぱり、7ヶ月くらいかかるようです。
でも、待てば海路の日和ありで、じっくり待ちたいと思っています。

ただ、私の友人は、痛みが外来に予約したそうですが、すぐに
診てもらったそうです。

私にとって、東京医科歯科大は、様・様です。何様、インプラントが回避
されたことで、経済面だけでなく、その後のQOLや手入れなど
格段の差があろうかと思っています。

専門性の高いところでの治療は、あらゆる面において、大きな開きを
感じています。患者への対応や治療のこだわりなど、
大きな病院ならではの特典を味わっています。

2016/01/21 (Thu) 16:04 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

早々のお返事ありがとうございます。
義歯の方も早くハガキが来るとよいですね。
確かに医科歯科は対応も良かったです。

私は御ブログは歯の関係で見つけましたが
ガン患者さんの会も開かれているのですね。
実は私は元がん患者でした。
運よく初期でしたので帽子も必要なく
外科手術のみで、今は少々疲れやすいものの
元気に生活できています。

会の活動もがんばってください。^^

2016/01/21 (Thu) 20:06 | チラ #- | URL | 編集 | 返信

チラ様

ご返信ありがとうございます。

私の場合、義歯といっても、被せ物ということなのですが、
医科歯科に受診して本当によかったと思っています。

チラ様も早く予約のはがきが来るといいですね。

がんサバイバーさんなのですね。お元気になられて本当によかった。

2016/01/21 (Thu) 21:32 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント