2016_01
14
(Thu)20:21

厚労省が動いた!!!

下記のメールは、肺がん患者の会ワンステップの代表からBCCで配信されたものである。

私は、すぐに返信した。そして、要望書が通ったことなので、『よかったですねぇ~。おめでとうございます。』と書いた。こういう場合、おめでとう・・・と言っていいものかどうか迷ったけど、気持ちは、おめでとうであった。

ご本人の許可を得ているので、そのままmailを貼りつける。何でもやってみるものである。宝くじだって買わなければ当たらない。

抗がん剤だってやってみなければ、効くかどうか分からない。最初からあきらめて何もしないということは、治るかもしれないチャンスを、自ら放棄するようなものである。

全国肺がん患者会連絡会の方々(肺がん学会との連名)のご活躍に心から感謝するものであり、その労をねぎらいたいものである。

................肺がん患者の会ワンステップ代表のmailから..............

今日は2点ほどお伝えしたいことがあります。
 

▼肺がん患者会の連合組織である「全国肺がん患者会連絡会議」が11月に発足したことは、ブログ等でお伝えしてきました。

http://www.renrakukaigi.net/r-index.html 

その活動の中で、日本肺癌学会と連名で厚生労働省に出した要望書があります。今回、なんとそれが通って、迅速に国が動いてくれましたよ!

 
内容はオプジーボのことです。

現在DPCという制度の関係で、入院して治療すると病院が赤字になる事態がわかりました。本来ならば入院して治療するはずの患者が、できなくなるかもしれないということを意味します。

それはおかしいのではないか、

改善して欲しいとお願いしたところ、13日、昨日ですね、その制度が変わることになりました。これにより、オプジーボの入院治療が可能になります。
 

国にこういう要望書を出しても無駄だ、みたいな意見もあるとは思うのですが、実際に動いていただけた、というところに今回すごく驚いています。

懸念をきちんと感じてくだされば、対処するんですよね。こういった活動はこれからも続けていきたいと思います。

詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/hbksakuemon/entry-12105507176.html


 【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】

 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント