2016_02
04
(Thu)17:15

当会への電話相談!

今しがた、電話相談を終えた。

当会へのアクセス理由は、県内のあるお医者さんからのご紹介とのこと。ご信頼を頂いていることに感謝して、そして、そのご期待に答えるべく、ご相談者にご対応させて頂いた。

会員さんではないので、具体的なことはまったくブログには書けないが、『なるほど・・・。そのように説明をされるとよく分かります。』『分子標的薬という意味もよく分かりました。』 『効果は一人ひとり違うことを、そうして、例を挙げてもらうと、本当に理解出来ます。』

お話させて頂いたことに、ご納得を頂いた。

更に、
『妻は、こう言っています。(敢えて表記しない)』 『それは、こういうことです。』 『そうですよね。よかった。』会員さんではないので、具体的な内容は書けないが、

『電話してよかったです。こんなお電話をしてもご迷惑ではないのですか?』どこまでも、控えめな方に、

『私は、こうして、患者会を立ち上げたのは、自分の体験が誰かのために、役立てられるかもしれない。もし、そうなったら、自分ががんになったことの意味があるのではないか。と思ったので、代表をさせてもらっているんです。』と言った。

『なかなか、誰に聞いていいか分からないし、こうして、体験者のお話を聞かせてもらうと、とても安心します。』とおっしゃり、電話の向こうで、きっと何度も頭を下げられているのでは・・・?と思う程、丁重にお礼を述べられて電話は切れた。

患者会に集って仲間から得られるピアサポート。病院の中にあるピアサポート。院内外にあるピアサロン。そして、このように患者会にアクセスされて受けるピアサポート。

サポートの幅は随分広がった。が、いかせん、埼玉県は、がん患者会が本当に少なすぎる。立ち上げようという使命感を持つ人は希少も希少。既存の患者会を数えても、片手で間に合う。

誰も立ち上げようとしないこの県で、がん全般を扱う患者会を2006年に立ち上げて、もう、10年が間もなく経つ。

存続を散々悩んだが、もう、迷わない。負担軽減を図りながら、出来る範囲で続けさせて頂こうという結論に達した。

がん患者支援(ピアサポート)を主軸に置き、今、しばらくこの会を続ける。だから、この指と~まれっ!


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント