2016_02
14
(Sun)21:17

聖路加国際病院山内英子先生勉強会part2

山内英子先生勉強会

昨日の続きである。

山内英子先生の勉強会は、まるで一足先に春が訪れたような、そんな華やいだ雰囲気の中で始まった。しかし、最初は、やや緊張されていた感は否めなかった。が、あれよ、あれよという間に、本領発揮、聴講者をぐいぐい惹きつけられた。

外科の先生らしく竹で割ったようなハキハキとした語り口に、的確な受け答え。フロアーからも次々と質問が飛んだ。

お天気は、雨の予想であったが、快晴で更に温かいとあって、朝の7時過ぎから、『今日の勉強会、もう、いっぱいですか?参加したいのですが・・・。』というお電話が立て続けに5件くらいあった。

エクセルを編集していざ、印刷しようとすると、な・な・なんとインクがない。急きょ、副代表に印刷を依頼して持参頂いた。その名簿がないと125名の受付は、大混乱するところであった。くわばら。くわばら。

他にも、アクシデント満載で、PPT上映に副代表が持参した新しいPCでは、専用のアダプターが必要だったことが、当日分かり、施設者側に問い合わせてもない・・・という。

そのことを、12時20分頃、私は聞かされ、私は猛スピードで我が家までノート型PCを取りに帰る。急げや急げ。再び、会場に帰ってきたのが、12時45分。これもギリギリセーフ。

ところが今度は、東武動物公園で配車担当をしている会員さんから、『山内先生がまだお見えになってない。どうしよう。』というひっ迫した電話。

山内先生には、送迎者の携帯番号はお教えしてあったが、先生の携帯番号を聞けないでいた。兎に角、お忙しそうだったので、聞きそびれていた。

私の方も、女性だから、しっかりしているし、間違いなく集合場所に来られる!と信じて疑わなかった。でも、駅には来られていない!というのだ。

私は焦った。私もどうしよう。聖路加国際病院にまず電話した。事情を説明して、山内先生の電話番号を聞こうと思っていたところ、某新聞記者さんと正面玄関から入って来られる。

記者さんは、私の友人であり、今回取材ではなく、個人的に勉強会にご参加下さっていた。
山内先生は、その記者さんの取材を受けていたことから、配車担当の指示ではなく、記者さんと一緒に紛れて、どうも別の迎えの車に乗ったようであった。

配車担当も、それを見逃してしまっていたということのようであった。これまた、ハラハラセーフ。舞台裏は、ほんと、いつも、バタバタはつきもの。

私が平然と何食わぬ顔で司会をしているように、ご参加者の目には映ったことだろうが、代表などというもの、勉強会一つとっても、こうしていつも、気の休まることはない。昨日のアクシデントで、一年命が縮んだような気がする。(笑)

でも、大盛況の勉強会のお蔭で終了後は、命が2年伸びた気がするのである。

っということで、お礼メールを一通紹介させて頂く↓

..................................会員さんのメール...................................

ほんとにほんとにお疲れ様でした!有難うございました。
 
山内先生のことを、代表は、ず~っと絶賛されていたけれど、もうホントに素晴らしかったです。

出だしに聖路加のお話もきっちりとされて、クリスチャン医師としての姿勢にまず圧倒されていました。

1時間で話されたとは思えないほどの中身を、こんなにも分かりやすくスッキリ感じよく伝えるスキルの高さにも圧倒されました。

”がんを乗り越えてあなたらしく生きる”ための、具体的なアドバイスも身に沁みました。最高位の学術と、心に寄り添う事が、同列に語られる事にも驚きました。

言葉の端々から、患者の現実をよく見据えておられるのがよくわかりました。もう、素晴らしくて言葉に尽くせません。

本当にありがとうございました。

..........................昨日のブログコメント........................

タイトル:有難うございました

>一言で言って、素晴らしすぎる医師であったことは間違いない。本当に山内英子先生には、圧倒された!めちゃくちゃ、すごかった!

全く同感であります!!!!!
”非の打ちどころがない”という形容は、山内先生の為にあるんじゃないかと思うほどです。お会いできて光栄でした!

で、こんな素晴らしい方をお招きされた代表に、改めて感謝申し上げます。 そして、私達の為に微に入り細に入り全ての采配を振るわれたご苦労が報われましたね。まったくお疲れ様でした。

余談ながら、今日は残念ながら欠席になった知り合いの産婦人科医が、「私が乳がんに罹ったら絶対、山内英子先生に診てもらおうと思っているので、乳がん検診も聖路加病院でしているのよ」と話しておられました。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント