2016_02
26
(Fri)18:22

抗がん剤治療後の生活の質を考えるセミナーに参加して!part3

2月22日ブログ記事の続きである。

今日のブログは、東京大学医学部付属病院 緩和ケア診療部 住谷昌彦医師の講義に際し、頂いた資料からの抜粋である。

【弱い麻薬性鎮痛薬】

トラマール・トラムセット・ワントラム

・神経痛の第二選択薬のひとつ
・麻薬性鎮痛薬で依存は起こらない。
・患者さん毎に鎮痛必要量は、増量する必要がある。

【副作用】
・吐き気(吐き気止めのお薬を併用)
・軽い眠気・倦怠感!(あ~なんて、おっしゃったかなぁ~。失念!)
・便秘(下剤を併用)

....................これからは、資料からの抜粋ではない......................

化学療法後の痛みやしびれがある場合、エクササイズを始めてみよう!とのこと。日本整形外科学会ひざ関節症の運動療法も、効果がある。

実は、私のところにも、抗がん剤後のしびれについてのご相談は結構多い。お薬を処方されてもなかなか治らないといった訴え。そんな時私は、『日にち薬なんですよね。』とか、『薄皮をはぐように少しずつよくなると言われていますけどね。』と対応させて頂いていた。

しかし、今回、初めて、自分でも出来るエクササイズがあるということをお聞きし、患者本人が何か改善に向けて動くことが出来る!といった点では、とても大きな収穫であった。今まで、そんなところに知恵が回らなかった。

よしんば、改善されなくても、変形性膝関節症の予防になる訳だからこの運動をして損ということにはならない。これからは、積極的にこの情報を提供しようと思った。

......................................................................................................
住谷医師の資料の最後には、

我々は、最適ながん治療を受ける患者さんを支援することを目的としており、がん治療による痛みを少しでも和らげて、穏やかながん療養生活になるようにお手伝いしたいと思っています。

「痛みはあるかもしれないけれど、上手に対処法を勉強して、がんの治療を受けてみよう!」と考えられるようになって頂ければ幸いです。

という言葉で結ばれていた。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント