2016_03
18
(Fri)18:58

医師回答Q&A:乳がん骨転移疑い、今後どんな治療がありますか?

Q.
3年半前に母が乳がんになりました。治療は、抗がん剤EC療法、ハーセプチン一年、現在ホルモン薬アリミデックス服薬です。

今、骨転移疑いがあり、検査をしていますが、もし、骨転移であった場合、今後どのような治療があるでしょうか?

A.
HER2陽性、ホルモン受容体陽性の骨転移再発疑いということですね。
 
この場合いくつかの選択肢があります。
・ホルモン療法+ハーセプチン
・化学療法+ハーセプチン+パージェタ
 となります。
 
選択の方法として、PETで骨転移以外の臓器転移なしなら、
ホルモン療法+ハーセプチン
 
骨転移以外の臓器転移ありなら、
化学療法+ハーセプチン+パージェタ
 
でもよいと思います。

回答者
日本医科大学武蔵小杉病院 
腫瘍内科 教授
勝俣 範之先生
 



【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント