2016_03
25
(Fri)20:08

第57回患者の集い!ある患者さんの体験談に全員が耳を傾けた!

今日は、第57回患者の集いであった。何年振りだろうこんなに少ない参加人数は。今日は、23名であった。

彼女の体験談を固唾を飲んで聞き入った。壮絶であった。がん患者を食い物にするカラクリを目の当たりにした思いであった。会員さんのどなたかが言った。『まるで映画にでもなりそうな話でしたね。・・・』と。

話を聞きながら涙する者、あらぁ~とため息をつくもの、その先を早く知りたい者、それぞれ、その先の展開を早く聞きたいと思うような内容であった。

兎にも角にも、勝俣範之医師にたどり着き、そして、がん患者会シャロームに繋がったのだから、決して、彼女の闘いが無駄であったとは思えない。

我が家は、夫が本日お夕飯が要らないということで、彼女を誘った。このままでは、帰したくなかった。『他にご一緒する人いませんか?』と呼びかけると、4名の方が、手を上げて下さった。

全員で6名。東武動物公園のサイゼリアで、彼女の歓迎会&生還祝いをやった。ビールを飲んだのは代表の私だけ。(笑)『結果として、こんなめでたい話はない。だって、まさしく生還者。』私は、そう思ったのだ。

それにしても、本当にシャロームの仲間は、素晴らしい。歓迎会は、充実していた。勝手に代表の私はそう思っている。

がん患者会を立ち上げてよかった。そう思えた本日の〝患者の集い”であった。懇親会の別れ際には、一人ひとりハグをして別れの挨拶をした。みんな、一生懸命生きている仲間たち。今日は、ありがとう。

それから、後ひと言。あるご家族の方がおられた。最初、ものすごく緊張をされていて、どこからとっかかればいいのだろうとこの私が思う程、心を閉ざされた方がいらした。

二回目の患者の集い参加。少し、お気持ちにゆとりが現れたように思えたが、まだまだ、心を許されたり開かれているとは思えなかった。

今日で3回目の患者の集い参加。今日のそのご家族の方は、本当に親しみを覚えるほどに慕わしかった。やっぱり、患者の集いの別れ際にハグをした。

患者も家族も、本当に必死に命に向き合っている。家族は第二の患者。そう言われていることを、患者会などを牽引させて頂いていると本当に痛いほど分かる。

家族の方も、こうした、患者の集いで、肩の荷を下ろして欲しい。ミニフリーマーケットを楽しんで欲しい。ストレスを発散して欲しい。そう思った今日の患者の集いであった。

追伸!
今日のフリマ売り上げは、8,000円であった。活動資金に充(あ)てられる。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント