2016_03
27
(Sun)17:23

【感動】豹変した盲導犬!

私は、動物が大好きである。実家には、物ごころついた頃から何がしかの動物が我が家にはいた。猫・犬・インコ・カナリア・ウサギ・やぎ・ニワトリ・時には、すずめ。池には鯉も金魚もいた。

今も、我が家には猫ちゃんがいるが、
リリー私手製のバスケットの中で!

ひと頃は、猫二匹。ゴールデンリトリバー。ウサギ等がいた。鳥も飼っていたこともある。さて、このゴールデンリトリバーが人懐っこくて、兎に角、滅茶苦茶かわいかった。

アグネス リリーとアグネス

私が若ければ、何としてももう一度飼いたいと思う程、気持ちが通じる大型犬である。私が抗がん剤で苦しい時、彼女(ワンちゃんは女の子)にもたれ掛けて『助けて!』と言ったことがある。

彼女は身じろぎもせず、セラピスト犬さながらに、自分の体を私に預けてくれた。そして、私を包むような優しい眼差しで、私をじっと見つめ続け、

『お母さん。辛いね。』と言わんばかりに寄り添ってくれた。当時私は、孤独で寂しいがんとの闘いを強いられていたので、この彼女の存在で、とても、とても救われた。

日本の盲導犬は、短毛のラボラドールレトリバーだ。(ゴールデンリトリバーは、長毛なので盲導犬としては、不適)下記のyou-tobeに書かれてあることは、容易に想像できる。

【感動】豹変した盲導犬↓
https://www.youtube.com/watch?v=It0Kf49IrWg

何故なら、当会の講演会に、視覚障がい者のプロ歌手大石亜矢子さんがいつもアイメイトとご一緒だった。

ステージ上のアイメイトは、本当にその任務を全うし、凛々しささえうかがえる。しかし、一度だけ講師控室でそのハーネスを取った時に遭遇したことがある。

彼女(セロシアも女の子)もまた、ものすごい勢いで、飛び跳ね、私に突進して体を摺り寄せてくれた。あの悠然とした振る舞いからは、まったく想像もつかないような素早さだった。

大石亜矢子さんとセロシア 



【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント