2016_04
05
(Tue)16:34

聖路加国際病院ブレストセンター:最高の病院だった!会員さんの診察同伴part2

昨日の続きである。私は、最悪の事態を想定していたので、本当に骨転移なし。遠隔転移なし。(但し、りんぱ節転移あり)結果、ステージⅡbであると診断された時、(って、ステージを私が聞いたのであるが)理屈抜きで、我が事のように本当に嬉しかった。

この後の、南村真紀医師の説明がまた、すごかった。(ここまで丁寧に説明下さるんだっという意)全部は書けないが、まず、タキサン系は、どちらを選ぶか。これは、インフォームドチョイス。

彼女は、私の方を向き、無言の『どうしたらいい?』という表情に、『パクリタキセル(タキソール)が一般的よ。』とアドバイスした。『はい。こちらのパクリタキセルにします。』と、元気よく答えた。彼女に迷いがないのが可笑しかった。

ドセタキセル(タキソテール)との違いをご説明下さったが割愛する。そして、何と、彼女の術前化学療法は、このウィークリーのタキソールからスタートするのだという。

その説明は、どちらから先にしてもいいし、一般的には、FECをやってから、タキサン系であるが、日本人には、こちらの方があうのではないかという(合うとは、奏効するのでは・・・という予想)予測のもと、ブレストセンターでは、タキサンを先にしているということであった。

また、マンスリー投与(月に一度)より、ウィークリー(週に一度)投与の方が、副作用が緩和されるということで、この投与法を採用しているという説明も伺った。

それから、私は矢継ぎ早に質問をした。腫瘍内科医勝俣範之医師は、私の抗がん剤の時に、日本で標準とされている投与量のMAXを実施しますが、頑張れますか?と言われたことを思いだし、(そんな言い回しだったか、定かではないが)

『勝俣医師から聞いたのですが、上限と下限があり、その量域?(こんな字あるのかな?)がもしあるとしたら、上限でお願いしたいのですが・・・。それでも、海外の投与量から、2割も少ないということを聞いた記憶があるのですが・・・』と、まるで、自分が患者のように訴えた。(笑)

自分が主導権を握っているのは分かっていた。しかし、すでに、術前からりんぱ節転移があるのだから、この際、しっかり強硬な治療をしてもらわなくっちゃ~という私の願いがあった。

すると、何と、さすが聖路加!『聖路加では、日本の標準ではなく、海外の標準の投与量を実施しています。しっかりと、副作用対策をします。』なんと、なんと、天下の聖路加国際病院ブレストセンターだ。

南村医師は、乳腺外科医で、腫瘍内科医ではなかったが、私は、それに匹敵するくらい信頼するに至った。(まぁ~。私の少ない経験で勝手にそう判断した。)

急性嘔気と遅発嘔気の薬剤も伺った。遅発嘔気には、デカドロンとイメンド(あ~。すごい。両方処方されるんだ。すごいなぁ~。)後もひとつの薬剤。さすが。さすがと私の中では唸った。

また、勝俣先生から伺っており、私が質問をした、『(一般病院でのグラン注射等の乱用も)聖路加ではない!』と、はっきりおっしゃった。勿論、発熱性好中球減少が疑われた場合は、適正に使用される。

その他、投与回数や効果を得るための科学的な投与量などの説明を簡単に図解して下さった。(実は、手術が出来る!と超有頂天になっていた私は、今日のその後の南村医師の説明は、あまり頭に入らなかった。)

一番印象に残っているのは、ゆっくり、柔らかい表情で、時折関西なまりで、きちんと、患者に向き合って下さっているという、非常に好感の持てる医師であったということである。これは、前回の深津先生も同じである。

以前、勝俣医師から、こんなことを聞いたことがある。『もし、山内先生に執刀頂くことが出来なかったとしても、そのお弟子さん(という表現をなさった)は、しっかり教育されているので、聖路加がお勧めです。』と、言われたことがあった。

指導的立場である山内英子先生が、本当にこの大人数のブレストセンターを一手に束ねておられ、スタッフ全員から厚い信頼を得、それが見える形で患者さんに大きな安心と信頼を与えていることが本当に、よ~く分かった。

聖路加 桜 あ~この車、邪魔!
彼女は、桜の花の咲く時期に抗がん剤。
私は、枇杷のなる時期に手術をした。
神様が、自然を通して闘病を支えて下さっているようだ。

明日に続く

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント