2016_04
16
(Sat)21:25

疾風怒濤のような一日!

本日は、ブログで告知させて頂いたように、肺がん患者の会ワンステップに講師としてお招き頂いた。


『自分のがん体験と患者さんから教えられたこと!』がテーマだった。一時間の間に、思いを伝えきることは出来るだろうか。


しかし、肺がんに特化した患者会に参加することは、今後ないかもしれないと思うと、私は欲張って原稿を書いた。


小タイトルは、なんと、33項目。効率のよい発信をするために、秒単位のタイムスケジュールを作成した。そして、持ち時間60分。それを効果的に使うために、何度も、何度も、練習した。結果は、一分超過。

その場におられた方達は、これって、完璧!って思われたかもしれない。しかし、こんなことをしたのは、最初で最後。そもそも、当会は、1時から4時までの患者の集いで、定刻に終わったためしがない。

ゆったりと、お一人おひとり(しかし、どうしても限られてしまうが)のお話を伺うことを大切にしている。だから、あれは、特別なパターン。こういうやり方もあっていいかな?そんな初チャレンジだった。

それにしても、あのような場では、どうしても、声を張り上げる。病院
内でのピアサポートは、トーンを落とし柔らかい雰囲気でお話をする。だから、きっとまた、私の印象悪くしたかも。


ただ、代表の長谷川さんのご依頼に、私は、私のすべてをかけて、可能な限りその任務を完遂した。私の中では、成すべきことをした。そんな感じである。


違和感があったかもしれない。ちょっと、激情的に映ったかもしれない。もし、そうだとしたら、やっぱり、言葉も説明も足りないということ。


多分、当会に繋がる会員さんの印象と、本日私の話を聞いて下さった方の印象は、かなりの開きがあると思うが、それも、これも、私の修行の足りなさ・・・と言うことだと思う。


それでも、50名近い参加者の方々が、真剣に私のような者の話を聞いて下さったことは、感謝に絶えない。当会より4名の方がご参加頂いた。


終了後のビールは、うまかった。本日、ワンスッテプのおしゃべり会に急きょ参加された腫瘍内科医の押川勝太郎先生から、メールを頂いた。勝太郎というお名前だが、まだ、40代だと思われる。


転載の許可を頂いたので、貼り付ける。こういったメールひとつとっても、このお医者さんが、どういうお人柄かがよく分かる。この先生は、温かい。


押川先生wrote

本日は大変興味深い患者会のお話を聞かせて頂きました。
身体をはった活動で、思い切りのいい主張に清々しさを感じます。
同じく患者会を運営する身としては、これからも色々教えていただくとありがたいです。

 しかし、NPOではないからやりたいようにやるという、逆転の発想、力業は目からウロコでした(笑)。とっても参考になりました。


宮崎善仁会病院
消化器内科 押川勝太郎
ブログ:http://ameblo.jp/miyazakigkkb/


自分の中では、本日の講師の評価点数が低く、少々、落ち込み気味ではあったが、押川先生のメールでちょっと浮上した。


言葉の重みを今日も感じたことである。でも、疲れたぁ~。

お疲れさん>自分

そして、お声を掛けて頂いた長谷川一男さん。本当にありがとう。また、これからもよろしくね。ずっと、ずっとよろしくね。



【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
再々加工!※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント