2016_05
01
(Sun)19:51

有用情報!抗がん剤の頑固な便秘には。。。

三日前に、会員さんからご相談のお電話があった。抗がん剤を投与されたが、その日から三日間便秘だという。

病院からは、『便秘を放置しておかない。お腹を切っているので腸閉塞になる危険性が高い。処方の薬で効かない場合は、薬局で、コーラックを購入して服用するように・・・』と、言われたという。

であるにも関わらず、『こう、病院から言われたんですが、どうしたらいいでしょうか。』というもの。私は、患者会の代表であっても、ズブの素人。

『何やってるの。言われた通りにドラッグストアーに行ってすぐに飲まなきゃ。あっ。具合が悪くていけないのなら、お子さんに頼むとかさぁ~。』急かすようにそう言った。

実は、私も、抗がん剤で、偉い目にあったのだ。もともと、便秘を経験したことのない私は、便秘なんで大して気にもとめていなかった。

ところが、出ない!どんどんたまる。どんどん固くなる。まさにセメント状態。超辛い。下痢なんかより、便秘の方がはるかに凄く大変だってことがよ~く分かった。

〝ぢ”になるんじゃないかと思う程、悲鳴を上げながら頑張って難を逃れた。いよいよダメな人は、摘便といって、看護師さんに掻きだしてもらわなければならない人もいるらしい。これは、相当痛かったと友人が言っていた。

更に、『抗がん剤の副作用で、筋肉痛のように体が痛い。でも、まだ我慢できる。これくらいの痛みじゃ薬飲むのおかしいですよね?』という。

またまた私は、その愚問に語気を強めて、『馬鹿じゃないの。今まで何勉強してきたの?痛みは、我慢しちゃいけないって、いつも言ってるじゃない。我慢するとその痛みは記憶され、次に薬を飲んでもその記憶が邪魔をして、薬が効きにくいってことがあるのよ。』と、愛のお説教をした。

カロナールが処方されていたらしい。すぐに服用するよう指示した。昔と違って、今は、カロナールもかなり錠数を増やせるみたいだ。(一回3錠。一日4回までらしい。)

本題に戻る。本日、また、お電話があった。すると、『シャロームさん。便秘解消しました。でも、ひどい下痢でした。』とのこと。

下剤は、きちんと記録を取っておき、自分にあった、自分しか分からない処方の仕方を患者は、習得しなければならないことなどをお話した。

しかし、
コーラックもいろいろあるみたいだ↓ 症状によって選択を!
http://www.taisho.co.jp/colac/sub01.html

彼女の場合は、どうも、左から三番目↑を購入されたようだ。

抗がん剤の便秘だけでなく、医療用の麻薬(オピオイド)などの時にも、最初、便秘に悩まされる。本人がうまく、下剤を調整するしかない。

下痢をしない程度に、排便に至るためには、いつ、どれくらいを、服用したらよいのか、データにとっておき、微調整を図らなければならない。一旦、会得すると後は楽なので、確かな量をしっかり把握しておくとよい。

微調整には、お薬カッターが便利。同じものを私も持っているが、カットしても周りに飛び散らないし、どんなに小さなお薬でも、きちんと、半分に出来たりする。一家に一個あれば重宝すると思う。

頑固な便秘には、コーラックがお勧め・・・ということであるが、決して大正製薬の回し者ではない!こういう情報も知っておくと知らないでは、天と地の差が出ることだろう。便秘は、時に死を招くこともあるらしいから。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント