2016_05
08
(Sun)20:00

今までちょっと寂しかったけど。。。

今日、長男が帰省した。だから、親子三人で外食した。彼が私にビールを注いでくれた。こんなこと初めて。勿体なくて、感極まる。

会社人間となり、それなりのもてなしを学んだからか、それとも、母親を喜ばせるためか、そんなことはどうでもいい、私はいたって単純だから、尻引きを防ぐために、くるっとビール瓶を回してくれたことも、感激した。

なんともはや、ちゃんと、板についている。きっと、上司にあたまを下げながらお酌をしているのだろう。超まじめ人間の彼は、教わったことをちゃんと実践しているに違いない。

どうであろうと、こうして社会に溶け込み、曲がりなりにも会社員として安定した職につけたことはありがたい。今どきの若者らしく、三度目の職場。きっと、やっと自分らしさを発揮できるところに出会ったのだろう。

まんざらでもない感じで、同僚や上司の話をしてくれた。

車中で彼はこういった。『今日は、母の日だけど、間に合わなかったからネットのギフトで注文しておいた。ずっと先になるけど、届くから・・・。』と。

こんなことは、始めてだ。女の子なら小まめにこういった特別な日は忘れない。でも、男の子は、メールも、ラインも、返事は、『ん。』のみ。寂しいものだった。

更に、私は、lineのファミリーグループを作成したが、次男が退会し、次いで長男が退会した。家族でメールが共有出来ると思ったが、『mailは、苦手だから、用事の時は電話して!』と。(ところが、電話だってスルーされることもある。)

lineのグループで残ったのは、夫婦のみ。これでは、グループの意味をなさない。ほんと笑えない。(笑)

それが、今日は、帰って来てくれた。長男の誕生日祝いと我々の結婚記念日と今日の母の日と、ぜ~ぶと合わせて、特別な祝いの日として外食を共にした。っと勝手に私が意味づけした。

次男からは、『母の日おめでとう。』とメールをもらった。電話をかけたが、『忙しいから』とそそくさと電話を切られた。

男の子なんて寂しいもんよ。ずっとそう思っていたけど、母親となって31年。周りと比べるのではなく、こうして、顔を見せてくれたことだけでも、ちゃんと感謝して、久しぶりの(ってお正月にも帰省してくれたけど)親子の対面を、しみじみよろこびたいと思った。

私たち夫婦にとって、もう、充分すぎるありがたい今日の一日だった。


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント