2016_06
12
(Sun)18:55

<乳がん>20代、30代でも検診は必要か?毎日新聞!

<乳がん>20代、30代でも検診は必要か?

毎日新聞 6月12日(日)10時0分配信

 歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(38)の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が乳がんを患っている、との発表は社会に大きな衝撃を与えた。一般に乳がんの罹患(りかん)のピークは40代後半から50代。しかし小林さんは30歳になってまもない時に人間ドックでがんが見つかったという。20~30代の若い世代でも乳がん検診は必要なのだろうか? 【医療プレミア編集部】

 同じような議論は昨年、タレントの北斗晶さん(48)が乳がんであることを公表した時にも起きた。北斗さんは「若かろうが年を取っていようが乳がん検診に行ってください」と呼びかけ、乳がん検診を実施している病院への問い合わせが急増した。しかし自治体などの乳がん検診は40代以上が対象だ。

 実はがんには、がん検診が有効ながんと有効でないがんがある。有効性がある程度科学的に示されているのは大腸がん▽子宮がん▽乳がん▽肺がん▽胃がん--の五つだ。しかしこれら五つのがんでも、検診で100%がんを見つけられるわけではない。毎年検診を受けていても、数カ月でがんが一気に大きくなるケースもある。「検診さえしておけば、がんは早期発見、早期治療できる」という発想自体が誤っていると考えるべきだ。

 ◇20~30代の検診の有効性は示されず

 そして検診の有効性は、年齢によっても差がある。日本の乳がん検診は40代以上が対象だが、米国予防医療作業部会は2009年、40代のマンモグラフィー(乳房X線撮影)はほとんど効果がないので推奨しないという勧告を出した。40代の女性の乳房は、乳腺密度が高くマンモグラフィーの精度が下がる。一方で、検診の結果、病気ではないのに「がん」「がんの疑い」とされ、不安になったり不必要な検査、治療をされる可能性が生じる。頻度は低いがマンモグラフィーによる放射線被ばくによる発がんリスクも考慮しなければならない。米国での勧告は検診で得られる効果に比較して、このようなデメリットの方が大きいと判断した結果だ。韓国は日本と同じく40代から、カナダや英国では50代からと、国によっても対応は違う。

 そして20~30代となると、マンモグラフィーを受けても死亡率を減らす効果は認められず、デメリットしか生じないと考えられている。がん検診は、死亡率を下げることが科学的に証明されていて、メリットがデメリットを上回った場合にのみ実施する、という原則に立てば、この年代での検診は推奨されない、という結論になる。

 ただし母親や姉妹など家族に乳がんになった人がいる場合や、乳房のしこりなど気になる症状がある場合はまったく事情が異なる。乳腺専門医に相談し、検査を受けるべきか検討した方がいいだろう。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント