2016_08
02
(Tue)22:50

8月27日(土)埼玉県立久喜図書館:当会共催講演会!参加申し込み始まる!

兼ねてより、このブログで告知をさせて頂いている、埼玉県立久喜図書館と当会共催の講演会のお知らせを正式にさせて頂く。

下記のサイトは、埼玉県立久喜図書館のホームページからの抜粋である。

「健康・医療講演会 がん患者の体験談を聴く ~治療・生活・向き合い方のヒント」を8月27日(土曜日)に開催します。[申込要]


是非、一人でも多く、ご参加頂ければ幸いである。


本日、講演会ご担当の方からmailを頂いた。本日までの参加申し込みが、30名ほどとのこと。えっ。7月26日(火)の申し込み開始から、8日目で、30名?

だが、この数字で、『がん患者会シャロームさんの知名度の高さ』と書かれてあった。
いや~。残り、19日で、定員の140名を満たすのは困難。と瞬時に感じてしまった

そもそも、多分、定員が集客人数の目標ではないのかもしれないが、私の感覚だと、折角開くのであるなら、満席にしたいという強い思いの人間であるために、空席は考えられない


何故なら、決して、後悔は、させない!という自信があるからである。自信というのは、傲慢な態度ということではない。


6名の生きた体験談と、エアロビインストラクター&会員さんの体験談とエアロビ体操が、不満足な訳がない!と確信しているということである。


健康な方たちに、是非とも聞いて頂きたい。がんになってからよりも、なる前に、こういった話を聞いておくと、うろたえないで済むかもしれないし、一歩先行くがん体験者の話こそが、先の見通しに繋がる。


すでに、申し込みをされている方を除き、当会より新規の参加申し込みをまとめて10名分送らせて頂いた。これで、40名である。後、100名。あ~少々、心もとない。


昨年の参加者のデータがあるなら、『今年も、講演会を開くので、是非、ご参加頂ければと思い、お電話を差し上げました。』と、久喜図書館の方が一人ひとりお電話をされればよいのだが、


(当会の講演会は、そのようにさせて頂いた結果、最終的にはいつも、キャンセル待ちであった
。)勝手が違うので、出過ぎたことも出来ない。

90分の司会は、私がさせて頂く。日々忙しくしているので、まだ、原稿は出来ていない。構想もまだ立てられないでいる。でも、必ず、空手ではおかえししない。

『来てよかった。』そう思って頂けるような講演会にさせて頂くので、是非、一人でも多くご参加頂ければ幸いである。


久喜図書館で心よりお待ち申し上げている。

【過去ブログ関連記事】
 16/07/22
兼ねてより告知をさせて頂
   
 16/06/27
来る8月27日(土)13時30
   
 16/05/19
随分先のお知らせではある

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント