2016_08
23
(Tue)20:56

ジーラスタ(グラン注射よりも期待できそう)の情報!

昨夜、会員さんとお話(ご相談)をしていて、ジーラスタの話題になった。私は、めっきり、こういった情報にうとくなってしまい、会員さんやご相談者から新しい情報を得ることが多くなった。

今までは、化学療法などで白血球が下がったりすると(発熱性好中球減少症)、グランを上がるまで毎日通院して注射をしてきた。が、今回のジーラスタは、一回の注射で、効果を発揮すると期待されている模様。

詳しくは、下記、サイトから。

2014年11月27日

持続型G-CSF製剤ジーラスタ®
発売のお知らせ

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:花井陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、明日11月28日、持続型G-CSF製剤注1「ジーラスタ®皮下注3.6mg(以下、ジーラスタ®)」[一般名:ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)]発売いたしますのでお知らせ致します。

 ジーラスタ®は、G-CSFの一つ「フィルグラスチム」をペグ化注2した、持続型のG-CSF製剤で、がん化学療法時の発熱性好中球減少症注3の発症抑制に用いられます。

がん化学療法時の発熱性好中球減少症注3に対して、ジーラスタ®はがん化学療法1サイクルに1回の投与で、フィルグラスチム連日投与に劣らない効果を発揮する ことから、医療上の簡便性に優れ、特に、患者さんの投与負担軽減や外来化学療法時の通院負担軽減に寄与できることが期待されています。

ジーラスタ®投与により、感染症発症リスクを低減し、がん化学療法の投与量やスケジュール遵守が可能となるといった、医療上のメリットも期待されています。

 なお、ペグフィルグラスチムはアムジェン社が創製し、キリン・アムジェン社注4から導入したもので、これまでに世界107の国と地域で承認されています。

 協和発酵キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します。

製品画像

注1.G-CSF(Granulocyte-Colony Stimulating Factor)製剤
遺伝子組換え技術によって生産されるタンパク質製剤。白血球の一種である好中球を選択的に増加させ、その機能を更に高める作用をもっています。

これにより、がん化学療法による好中球減少症を速やかに回復させ、好中球減少症に伴う様々なリスクを低下させます。

注2.ペグ化
目的のタンパク質に対してポリエチレングリコールを化学的に結合させることです。タンパク質をペグ化すると、体内での分解が抑制されたり体外への排泄が減少することで、タンパク質が血液中でより長期間残存するため、医薬品の作用時間を延長することが可能になります。

注3.発熱性好中球減少症
がん化学療法に起因して生ずる好中球減少症は、発熱を伴うことがあり、そのような病態は発熱性好中球減少症と呼ばれます。

これは何らかの感染症が疑われる病態であり、ただちに適切な治療を開始しないと重症化する恐れのある合併症である、とされています。

注4.キリン・アムジェン社
キリンホールディングスとAmgenのジョイントベンチャー

「ジーラスタ®」の製品概要
製品名ジーラスタ®皮下注3.6mg
一般名ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)
効能・効果がん化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制
用法・用量通常、成人にはがん化学療法剤投与終了後の翌日以降、ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)として、3.6mgを化学療法1サイクルあたり1回皮下投与する。
包装ジーラスタ®皮下注3.6mg 1 シリンジ
承認取得日2014年9月26日
薬価収載日2014年11月25日
薬価106,660円/1シリンジ


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  

C.O.M.M.E.N.T

ジーラスタ、使ってました!!

時々、相談させていただいている者です。
毎日、ブログ読ませていただいています。

ジーラスタ、使っていました。
もともと白血球が人より少なく、骨髄抑制も強い体質です。
この注射を受けるようになってから
1回も治療延期になることなく無事に完遂しました。

初回に使ったときは、腰の骨の痛みがグランよりも強かったです。
2回目以降はそこまでもなかったような。
そして回数を重ねるにしたがって、上昇がにぶくになりました。
それでも、治療延期になることはありませんでした。
そして、途中も、感染症などにひどく過敏にならずに済んだことも
ありがたかったです。

この注射が出始めた頃は、入院でも使えていたのですが、
あまりの値段の高さからか、
うちの病院では外来治療の場合のみ使えるようになりました。
私も最初は一泊二日で抗がん剤治療を受けており、
退院してからジーラスタを打ちに行ってました。
その後、外来治療に切り替えたので、問題なく、注射してもらってました。

高いですけど、抗がん剤・アバスチンだけで限度額に行くので
懐的には痛くなかったです。

骨髄抑制で悩んでいる方にはすごくいい注射だと思っています。

参考になれば・・・

2016/08/23 (Tue) 22:33 | ツインズママ #BYh41BOo | URL | 編集 | 返信

Re: ジーラスタ、使ってました!!

ツインズママ様

閲覧&コメントをありがとうございます。

有用情報として、明日のブログ記事に掲載させて頂こうと思います。
本当にありがとうございました。


2016/08/24 (Wed) 21:12 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント