2016_08
27
(Sat)22:14

埼玉県立久喜図書館とがん患者会シャローム共催の講演会無事終了!

今日は、埼玉県立久喜図書館と当会との共催講演会が開催された。

参加予定者は、97名とのこと。参加予定者は、110名だったようであるが、体調を崩されたり急用が出来たりと、13名の方が、キャンセルされたようである。

さて、定刻に初めて下さいと施設者側にお願いしておいた。何故なら、6名(体験談)+1名(エアロビ)の時間を、頂いた持ち時間90分以内に収めるために、分単位のタイムスケジュールを立てていたからだ。

タイムキーパーは、信頼できる会員さん。本当にしっかりその任務を遂行して下さり、予定通り、スケジュールをこなすことが出来たのは、彼女のお蔭と思っている。

勿論、原稿を書いていただく段階で、持ち時間内ということをカタカタ言っていたこともあるが、やはり、当日は、上がったり、上ずったり、手こずったりと、思うようにいかないもの。それでも、1分前。30秒前。そして、終了のカードが挙げられると、止めざるを得ない。

多少ずれ込んでもいいので・・・と演者には言っていたが、容赦ないタイムキーパーには、意識せざるを得ない。

それがないと、無制限になってしまう。そういった講演会を目にしたことがある。『はよ、終わればいいのに・・・。』聴講者にそのように思わせてしまうような体験談であるなら、むしろやらない方がいい。・・・と、手厳しく言い放つ私である。

そんなこんなで、90分で6人の体験談は、手前味噌だが、素晴らしかった。もっと、聴きたいと思わせるようなお一人おひとり。それぞれのカラーが醸し出された世界一の体験談。みんな輝いていた。素晴らしかった。

私は、体験者の一人が、足を踏み外し転びそうになった、そのアクシデントを目の当たりにして、笑いが止まらなくなってしまった。抑えなければと思う程、まるで笑いの神経が痙攣しているようであった。司会者が笑い転げ、司会進行に支障を来した。

ところがどっこい、その光景を見て、『代表の笑いが止まらない姿を見て、この会に入りたいと思いました。是非、入会させて下さい。』というお申し出を受けた。縁は異なもの味な物である。

さて、急きょ、懇親会をキャンセルした副代表から次のようなメールを頂いた。

.................................................................................
今日は、お疲れ様でした。
シャロームさんの司会進行は、とても素敵でした。

トーンを落として、ゆっくりと話されていて、時に楽しく、時に涙ありで最高でした。

お先に帰りましたが、皆さんで楽しんで下さい。(^ー^)ノ

............そして、更に参加者の一人からは、↓..........

タイトル:〇〇でーす(^^)/\(^^)

今日はお疲れさまでした。
お世話になりましたm(__)m

今日の久喜図書館でのイベント、緊張しました~~(^o^;)自分の発表が終わって、やれやれと席に戻ろうとしたら段差を踏み外しそうになって、焦りました・・

それがツボに入ってしまったのか、〇〇さん(司会の私のこと)笑いすぎです~(^∧^)

原稿を書くにあたって、がんとわかったときのこと、治療をしているときのことをまざまざと思いだして、涙なくては書けなくて、読む練習をしているときも何度もつまってしまい、4年半たつのに、直視できない現実なんだと思い知らされました。

親睦会の帰り、大宮までの間にに〇〇さん、▲▲さんとがん患者会シャロームに出会えたこと、代表の〇〇さんに会えたことがどんなに奇跡的でかけがえのないことなのか、本当にありがたいことだねーなんて話題になりました。

また、シャロームのメンバーで飲めるのを楽しみにいています♪

今日はありがとうございました\(^-^)/

..................................................................................
そんなこんなの一日だった。私の中では、200点満点。お一人おひとりの体験談は、本当に尊く素晴らしいものだった。

かけがえのない貴重な一日を与えて下さった、埼玉県立久喜図書館様には、心から感謝申し上げたい。

たった一つだけ心残りは、この日の3日前に、深刻なご相談が入った。でも、とてもクタクタに疲れていたことと、本日の講演会のことで頭がいっぱいであった私は、講演会が終わるまでご対応を待ってほしいとお願いした。

これは、実は、本末転倒な話である。ピアサポートが出来ないで、講演会が最優先になっていることは、本来のがん患者会活動とは、ほど遠い。本当に、ご相談者には申し訳ないことをしたと心から反省している。

本日、聴講者としてご参加頂いていたので、直接謝罪した。それでも、自分の中では、許しがたい行為であったと自責の念でいっぱいである。

本日の懇親会もそうであるが、私のカラーは、突出している。みんな、そんな代表についてきて下さっている。でも、治療に限界があり、命に限界があるように、私もまた、限界に来ている。

表だった活動は、11月19日(土)勝俣範之医師の勉強会を最後にしようと考えている。最後のチャンスをお見逃しなく。(お聴き逃しなくかな・・・)

今日は、疲れたので、早々に寝ることにしよう。お・や・す・み・な・さ・い。ZZZzzz .。o○


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  

C.O.M.M.E.N.T

参加しました

はじめまして

本日の講演会、参加しました。
現在、治療中の私にとって、皆さんの体験談はとても心に響きました。
特に、後半「子供にどう癌の事を伝えるか」と、言う話では涙が溢れ、止まりませんでした。

講演会終了後、いつもブログを拝見していますと、ご挨拶して帰りたかったのですが、小心者の私は結局ご挨拶出来ぬまま帰宅してしまいました。申し訳ありません。

本日は、貴重なお話をありがとうございました

2016/08/27 (Sat) 23:15 | いぬごろ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 参加しました

いぬごろ様

閲覧&コメントありがとうございます。
このコメントを読ませて頂き、是非、お声をかけて
頂きかった。

単純な私は、それを聞いたら、めちゃくちゃ嬉しかっただろうと
思ったからです。

ブログ記事に転載させて頂ければ・・と思っています。
本当に、コメント頂き、また、いつも、閲覧頂き
ありがとうございます。

2016/08/28 (Sun) 21:36 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント