2016_09
14
(Wed)22:33

いきなり電話を切られた!でも。。。。

先日、話しているのに、いきなり電話を切られた。

普通なら、『何、ふざけないでよ。話まだ終わってないじゃん。』と、腹を立てるところである。

ところが、電話を切られて、正直、ほっとした。

その日は、この電話の前に、すでにお二人のご相談をお受けしていた。そうそう、実は、当会の“患者の集い”のお知らせは、杉戸町、幸手市、久喜市、宮代町の4市町村の広報に掲載されている。

その広報をご覧になって、お電話を下さった。最初は、集いが開かれる場所を教えて欲しいというものであった。

患者さんのご家族の立場。場所をお教えして終わりかと思ったら、いきなり、ご相談に入られた。でも、それがなかなか、核心というか、ご相談のご目的が見えない。つかめない。

ご家族のこと、お子さん(50代)のこと、お金のこと、病気のこと、延々と話が途切れない。『え~っと、お電話のご目的は何ですか?』と、何度尋ねても、そんなことはお構いなし、何もなかったかのように、話は続く。続く。続く。

『多分、そういったご家庭の問題は、うちではなく・・・。』と言い終わらない内に、電話を切られた。その親御さんは、多分、80歳前後なのでは・・・と、思われる。

どうして、いきなり電話を切られてほっとしたか・・・。それは、“患者の集い”に集われる方は、大体いつも30名前後。

そんな中、その方がご参加されたなら、話は終わらないどころか、“集い”の3時間は、その方お一人が、独占されるのでは・・・と思う程の勢いだったからだ。

まわりくどいというのを通り越して、闘病の経緯から経済的なこと、ご家族のご事情、何一つ漏らさず説明しないと気が済まないというか、

口を挟むことも出来ない有様。ご高齢者の(って、私も、65歳なので、高齢者の域ではあるが)全員が、そうという訳ではないが、正直参った。

ただ、一つだけ言えることは、この親御さんは、親の役目がまだ現役だと思われている風であった。(もう、引退というか、互いに自立した関係、親離れ、子離れは、どうなってる?・・・と言いたくなる。)まだ、親が子供のお世話をしなければならない!きっと、そう思われているに違いないと思った。

時系列に添って、お話されていることは、きっと間違っていないのだろう。事実を事実のままに私に伝えようとされている。でも、簡潔に、短時間で、要領よく・・・というのが出来ないために、私は、ただ、ただ、年寄りの長話に付き合わされている・・・と、言った感じであった。

これこれの治療をしてるが、セカンド・オピニオンを取った方がいいだろうか?』とか、『経済的に負担が大きいので、何か、支援してくれる制度はないか?』とか、『家庭の問題があるが、どこに相談したらいいか?』

そういって下されば、しかるべき機関をご紹介出来る。でも、終わりのない、行き着かない話は、先が見えないだけに、焦った。

『この話、いつ終わるんだろう。私のプライベイトな時間どうしてくれるのよ?』話を聞きながら、大変申し訳ないが、そんな思いすらよぎった。私、暇じゃないんだけどなぁ~。

そんな時だったから、一方的に電話が切れて、正直、助かった。勝俣範之医師は、医師と患者のコミュニケーションがうまく行かなかったり、信頼関係が構築出来ないのは、やはり、医療者のコミュニケーションスキルの問題だとよくおっしゃる。

でも、やっぱり、患者の方にも、話をするときの最低のルールがあると私は思っている。要点をまとめて、質門をする。その時のおもいつきは、口にしない。次の診察の時に回す。今日は、この3点のみに絞って質問するぞ!

そんな具合で、診察時間が守られれば、医師もイライラしないで済むかもしれない。ある病院のある医師は、時々、診察室から患者さんをどなりつける声が待合室まで聞こえると聞いたことがある。

その医師をよく存じ上げているが、悪い人じゃない。『何を言っているか、分からない。回りくどく、その話には終わりがない。』そんな患者はいないだろうか。やっぱり、いい迷惑であり、医師を怒らせてしまうのではないだろうか?(かといって、怒るのは、頂けないが・・)

待っている人は大勢いる。具合の悪い人もいるかもしれない。遠方から時間をかけて、通院している人もいる。そんな人のことなどお構いなしにしゃべり続ける人はいないだろうか?

医師側の問題だと勘違いし、自分の診察のあり方を顧みたりしていないのではないか・・・。私は、今回の当会へのご相談者の振る舞いをみて、そう思った。

因みに私の診察の時は、一番最後にしてもらっていた。そうすれば、少なくとも患者さんにご迷惑は掛けない。

さて、
ダラダラと要領の得ない話を聞かされる人のことも考えなければならない。周りの方にも目や心を配ることも大切。兎に角、電話が切れてよかった。

一方的に電話を切られたら、普通は不愉快に思うのだろうが、正直、解放された喜びに浸れた。私は、まだまだ修行が足りないのかもしれないけど、あのような話をずっと聞けるようなキャパの大きな人間になりたいとは思わない。

私だって自分の時間を大切に使いたいもの。

あ~でも、誤解しないで!純然たるご相談は、今まで通りお受けしているので、どしどしご相談頂ければ幸いである。

 【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  


C.O.M.M.E.N.T

一般的な意見

プロで有る以上分からない事を説明出来ない側に問題有りと思います 医者もお金を取る商売ですよね

2016/09/19 (Mon) 00:08 | momo #- | URL | 編集 | 返信

Re: 一般的な意見


momo様

閲覧&コメントありがとうございます。

今回、ブログで提言させて頂いたのは、
患者側も、診察時間には、治療には無関係なことをダラダラと
おしゃべりをしないこと。

更に、もし、質問などがある場合は、きちんと、メモ書きなどを
して簡潔に伝えることなど、最低のルールは守るべきであること。

など、
医師側だけの問題ではないことを訴えたかったのですが・・・。

> プロで有る以上分からない事を説明出来ない側に問題有りと思います 医者もお金を取る商売ですよね

2016/09/19 (Mon) 20:46 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント