2016_09
16
(Fri)22:59

“第60回患者の集い”終了!

今日も、新しい方が8名か9名ご参加下さった。入会申込書を会員さんが預かって下さっているので、正確な数字は分からないが、確かなことは、本日は、総勢39名のご参加だったということ。

本日は、肺がんワンステップの代表のお話をお伺いするのがメインではあったが、彼は、半蔵門線に間違って乗ってしまい、水天宮前まで行ったとのこと。

ちょっと、予定が狂ってしまったが、当会というか、私にとっては、どうってことない。だって、当会のみの患者の集いだもの、融通も効けば、柔軟さもある。

それで、長谷川さんが来られるまで、新しい方の自己紹介を続けた。静かに耳を傾ける場面や、再発されているけど、何だか、そこに笑いがあったりと、いつものように、バリエーション豊か。

どの方も、もう、今日から我々のお仲間。『ようこそ、がん患者会シャロームへ』一人ひとり、自己紹介後は、拍手で歓迎した。

長谷川さんもそうであったが、私ともども、終了後は、放心状態。疲れたけど、心地よい。体調万全とはいかない長谷川さんにとって、勝手の違うところでの60分以上のお話は、本当にお疲れになったに違いない。

長谷川さんのお話 真剣に聞き入る聴講者たち!

さて、
今日も、皆さんに守られて、支えられて、第60回目の患者の集いは、無事終了した。

画像も送られてきているが、また、明日にしよう。今日は、ご参加の一部の方の感想メールをコピペさせて頂く。

............................................................................................

Aさんのmail↓

シャロームさん

患者の集い、お疲れさまでした。

今日は新しくシャロームの仲間に入った方々や長谷川さんのお話など時間がいくらあっても足りない患者の集いでしたね。もっともっとお話が聞きたかったです...(>_<)

次回は勝俣先生を講師にお迎えしての勉強会ですね。
終了後は懇親会(^_^)/□☆□\(^_^)
どちらも楽しみです。

明日は三枝さんのスローエアロビックに参加します。運動して身も心もリフレッシュして、再発の予防にもなるって、一石二鳥\(^o^)/
明日もよろしくお願いしまーす。

Bさんのmail↓

シャローム様

本日はお世話になりましてありがとうございました。

長谷川さんや皆さんのお話を聞いて、元気な今をもっともっと大事に使おうと思いました。シャロームさんの仰る、楽しまないと勿体無い、ということがよく解りました。

電車が一緒だった乳がん患者の皆さんといろいろお話できたのもとても楽しかったです。参加して良かったです。ありがとうございます。

11月19日(土)の勝俣先生の勉強会と懇親会も参加させて頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Cさんのmail↓
本日初患者会参加の〇〇です、今日はありがとうございました。すぐに車が出るとのことで、ご挨拶もせず帰ってしまいました。
 
男性もおられる中、乳頭だの排便だのというご挨拶で失礼いたしました。いかがなものかと思いながらも、それはアウトとなればきっと止めてくださると信じ、話してしまいました。

私が入会を決意した理由のひとつはそこです。ブログを読んで、私がやり過ぎたり外れ過ぎたりした時に止めてくださると、会ってもいないのにそう思えました。

自分で気付かずやり過ぎて何度も失敗してきたおバカさんです。今日、不快に思う方がおられなければ幸いです。
 
また、大金払って失敗したと思っていたウイッグを皆さんにほめていただき、嬉しくなりました。貧乏性なもので、髪が伸びてキツくなるなら襟足とコメカミを刈り上げてやる!と、ウイッグに頭を合わせました。まだしばらく被れそうです。
 
脱毛期にスヴェンソンの不織布ヘアキャップを使い重宝しましたが、買いすぎたものが残っています。ご希望があれば差し上げたいです。次回バザーに献品します。
 
お取込みとお察しします、返信ご無用です。
11月もよろしくお願いします。

..................................................................................

Cさんのmailに、不快に思った方がおられなければ・・と書かれてあるが、それは、断言できる。誰一人、そんな人はいない。

配慮に欠けた言葉や、様々な立場の方に目を向けられないような言動があれば、心配ご無用。シャローム代表の私から、ちょっと、ゴツンと指摘されるから、ご安心を。

本日から、参加費が一人150円となった。システムが変わって、参加名簿の提出を求められた。しかし、センシティブな病であり、誰にも内緒にしている人が参加者の中におられる。

行政に訴え、行政と館長(杉戸町生涯学習センター施設長)とが協議して下さった結果、今までの使用料の倍の代金を支払うことで、こちらの条件を飲んで下さった。(町外扱いということ)

取りあえず、ほっとした。

長谷川さんにとって、(っというより、)私がちょこちょこ邪魔(補足説明)をしたために、やりにくかったかもしれない。しかし、そんなことは、予め承知の助であった。(笑)

が、講話の内容もさることながら、やはり、長谷川さんの場合、お人柄がにじみ出るような語り口調は、もう、それだけで、癒されるような気持ちになる。

神様から、本当によいものを与えられている!と、正直、そう思う。彼は、もう、すでに、肺がん患者の救世主のような立ち位置になっている。

学会や厚労省とのパイプを繋げながら、着実に、肺がん患者が、がんと闘いやすいように、社会に対しても行政に対しても、毅然と立ち向かっている。気骨ある若者。その雄姿は、眩しいほど。(彼のがん発症は、39歳の時だったとか。)

患者会の代表になるべくしてなった!そんな感じである。片や、がん患者会シャロームの私と言えば、本音は、自分の能力以上のことを背伸びをしながら活動してるといった感じ、いつも、アップ。アップ。

結果は、概ね、最後は整うが、(成功のように人の目には映るが)本当は、やっとこさ、とか、辛うじて・・・といった言葉が当たっている。

ぱっと見た目は、そのようには見えないようであるが、本当は、精一杯背伸びをしながら私は、この会を牽引している。

今日、意表を突く方が、ご参加頂いた。まるでサプライズのようであった。思わず、その方の所に駆け寄り、握手をした。彼のお話は、11月19日の勉強会の時に、15分間お話をしてもらうようお願いした。

『自分のようなものが、お役に立てるのであるなら・・・。』と謙虚にご快諾下さった。きっと、亡き奥様も背中を押して下さることだろう。

彼は、こういった、『もし、あの時に、シャロームさんの道しるべがなかったら、本当にどうしていいか分からなかった。的確なアドバイスを頂き、路頭に迷うことなく、妻を見送れた。』というような内容のお話を、本筋をそらすことなく、的を射たお話をして下さった。

聞く耳のある者は、聞くがよい!ではないが、彼は、それこそ、私のような者の(彼にとっては、どこの馬の骨かも分からない、素性の私の。)話を真摯に受け入れられた。

そして、着実に一つひとつこなして行かれた。一面識もない私の話にきちんと、耳を傾けられた。原動力は、そのご主人だっと私は思っている。

ご主人の判断能力が高く正しかったから、在宅看取りに近い状態で、家族の納得の行く形で、ギリギリまで寄り添うことが出来た。

奥さんも、お子さんも、ご主人も、きっと、そうした麗しく、平和なご家庭を築いて来られていたのだろう。だから、きっと、ご褒美だったんじゃないのかな?今日、そのご主人にお会いしてそう思った。

11月19日(土)2時からの勉強会で、体験談を語って頂くので、是非、ご参加頂ければ幸いである。

本日の、フリーマーケットの売り上げは、9,935円。活動資金に充てられる。
長谷川さんの後ろには、フリマ用の洋服の山が映っている。


 【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント