2016_10
15
(Sat)18:37

いきいきふれあい祭り(福祉祭り)でのフリーマーケット終了!

本日は、かねてより予定されていた福祉祭りinすぎと(いきいきふれあい祭り)に参加した。

当会は、いつものペアーで参加。本日のフリーマーケットの売上げは、何と、25,505円。(車提供者への交通費500円と模擬店で買った二人分のおこわやお惣菜・けんちん汁等を抜いた純利益)当会の活動資金に充てられる。

シャローム店の両サイド店は、日本赤十字奉仕団と知的障害支援グループ。年に一度の奉仕団の奥様方や、知的障害の親御さんやそのお子さんたちとの大賑わいの触れ合い。本当に心が温まるひと時。

ピンクの好きな〇〇ちゃんに、今年はぴったりのワンピースをお買い上げいただいた。昨年は、彼女に会うお洋服がなく、寂しい思いをさせてしまったが、今年は、本当に喜んで頂いた。

更に、明日のハローウィンのイベントに着せると言って、黒のゴースのスカートを親御さんに買って頂いた。すごく喜んで頂けると、本当に嬉しい。

また、昨年、お買得のお品を買って頂いたボランティアの方は、開店早々ご来店下さって、紺色のダウンジャケットを買って頂いた。

毎年、出店するので、(また、来年もその予定)当会のものは、良い品でお値段が安いというのが定評なので(薄利多売)、再来店の方が多い。そんなお客さんとのやりとりもまた楽しい。

特に今年驚いたのは、3年前の杉戸高野台小学校で実施した命の授業(がんのお勉強)を受けた児童が、『おばちゃんのこと覚えてる。』と言ってもらえたことだ。ちゃんと、心に刻んでくれていたことが、とてつもなく嬉しかった。

折り畳み式のテーブルを長方形にして囲んだお店の中に、知的障害のお嬢さんが入って下さって、ニコニコしながら沢山。沢山。おしゃべり下さった。

『まだ、考え中。』と言って、なかなか決断できずに迷っていたお嬢さんが、お店が終わって片付けが終了する間際に、お母さんを連れ立って、『やっぱり買いたい。』とおっしゃる。

だめだ!もう、そのお品がどこに入っているか分からない。12月4日(日)の、町内ボランティア団体の青空市(フリーマーケット)まで待ってもらうことにした。

『ごめんなさい。たった一枚なんだから、買われなくても取っておいてあげればよかった。気の効かないおばちゃんだ!本当にごめんなさい。』彼女には、寂しい思いをさせてしまった。

まさしく障害をお持ちの方たちとの触れ合い(この我々のがんも、障害という枠組みの中に入れられている。いつもは、この言葉に抵抗のある私ではあるが、)イベントではあるが、障害も健康もへったくれもない!と思っている。

みんな一緒なんだ。そんなことを突き詰めて考えると、なんで、〝障害”だなんて言う言葉を誰が考えたんだ。差し障りだなんて、なんて失礼な言葉なんだ。差別をつけて、優越感に浸りたいのか!!何だか、寂しい気持ちになった。

みんな、置かれた場所で健やかに生きているのに....。

【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント