2016_11
14
(Mon)19:57

オプジーボ、悪性リンパ腫にも適応拡大へ!

下記、すごいニュースである。オプチーボは、メラノーマ。肺がん。腎臓がん。そして、悪性リンパ腫に適応拡大された。

今後、期待されるのは、乳がん。胃がん。卵巣がん。頭頚部がん。泌尿器科がんである。認可されれば、利用者が多くなるのだから、更に、もっと、薬価を下げてもらいものだ。先日、半額になると情報を提供したばかりである。

.......................................................................................................................

オプジーボ、悪性リンパ腫にも適応拡大へ-
薬食審・医薬品第二部会が了承

医療介護CBニュース 11/11(金) 22:53配信

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は11日、抗がん剤のオプジーボ点滴静注20mg、同100mg(一般名ニボルマブ【遺伝子組み換え】)の効能・効果に、悪性リンパ腫の一種を追加することを了承した。

早ければ来月中旬にも正式に承認される見通し。これにより、同薬が適応されるがんは4種類となる。【松村秀士】

 オプジーボは、2014年7月に「根治切除不能な悪性黒色腫」の治療薬として日本国内で製造販売が承認された。

15年12月には「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」、今年8月には「根治切除不能、または転移性の腎細胞がん」が効能・効果にそれぞれ追加された。

 さらに11日の第二部会では、同剤の効能・効果に、「再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫」を追加することで合意した。

 同剤は通常、成人に1回、体重1kg当たり3mgを2週間ごとに静脈注射する。同様の効能がある医薬品として、アドセトリス(一般名ブレンツキシマブ ベドチン【遺伝子組み換え】)やアドリアシン(同ドキソルビシン塩酸塩)などがある。

 ホジキンリンパ腫は、悪性リンパ腫の一種で、リンパ球と呼ばれる白血球に発現するがん。厚労省によると、国内の患者数は推定約2000人で、そのうち8-9割ほどが、「古典的ホジキンリンパ腫」の患者とされる。

 オプジーボについては、医療保険財政を圧迫すると懸念の声が上がっており、中央社会保険医療協議会の部会では、18年4月に迎える次の改定年度を待たない「期中改定」を含め、同剤の薬価の見直しが検討されている。

■セログループ1のC型肝炎治療剤を了承

 第二部会はまた、セログループ1のC型慢性肝炎治療剤「ジメンシー配合錠」(同ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩)の製造販売承認を了承した。

 同剤の効能・効果は、「セログループ1のC型慢性肝炎、またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」。通常、成人に対して1回につき2錠を1日2回、食後に経口投与。投与期間は12週間とする。

 同剤の国内での推定患者数は約26万人とされている。同様の効能がある医薬品として、ハーボニー配合錠(同レジパスビル アセトン付加物・ソホスブビル)とヴィキラックス配合錠(同オムビタスビル水和物・パリタブレビル水和物・リトナビル)がある。

【関連記事】

オプジーボ投与後に心筋炎、死亡症例報告も-厚労省が添付文書改訂を指示

オプジーボの薬価引き下げ「速やかに」-財政審分科会で財務省

オプジーボの薬価、現行ルールで引き下げへ-厚労省が提案

厚労相「薬価制度を18年度に抜本改革」-諮問会議、議員はオプジーボ半額以下を提案

最終更新:11/11(金) 22:53


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント