2016_11
21
(Mon)10:32

大成功だった勉強会:参加者の感想メールから....まずは、5人の方!

今朝早く、ご近所さんのお宅に勉強会参加のお礼にお伺いした。このご夫妻は、2006年最初の講演会の時からずっと、ずっとご協力頂いていた。

『寒いから上がって。』そう言われてリビングへ。ご夫妻と三人で勉強会の話に花を咲かせた。

講演会の度に、席を埋めるために我が事のように奔走下さり、お友達を沢山お誘いくださった。いつも、陰で私のような者の活動を応援下さっていた。

そのご夫妻が、『土曜日の勉強会が一番よかった。今までもよかったけど、やっぱり、最後ということもあってか、本当によかった。涙が出て来ちゃった。こちらこそありがとうございました。』と言って頂いた。

ずっと、勝俣先生のご講義を受けてきた当会会員さんや聴講者は、先生が確実にご立派になっておられるのを、時の経過と共にその成長を如実に拝見させて頂いた。

ご講義の内容も、聴講者の心や耳に、す~っと入ってきた。先生のお人柄がそのまま、現れるような温かさと優しさを感じる素晴らしいお話であった。

さて、私の能書きはさておき、続々と会員さんから感想メールが届いている。お一人おひとりの心のこもったメールを読ませて頂き、その人ならではの目の付け所が、本当に様々だった。

だからこそ、妙味なのだと思った。こちらの主旨や意図をはるかに超えたところで、一人ひとりの心に働く、響く。届く。最後を惜しむ声も耳に入っている。でも、対外的な活動は、これで終了する。

これからは、会員さん限定の精神的支援に注力する。それが、私の年齢・今の能力に無理がない。

.....................................すべて原文まま................................

Aさんの感想メール
140人が聞きたい!聞き逃すまい!という思いで集中している熱気で迫力さえ感じる会場の空気でした。

勝俣先生のお話は時に砕けて笑いを誘い、でも、肝心なことはごまかさず「ズバッと」教えて下さる。知りたかった事が、患者にもわかりやすい素晴らしい講演でした。

ご遺族の方や、厳しい道のりを越えてこられたがん患者さんの貴重な体験は、胸が苦しくなり涙も流れますが、それでも必ず「生きる力」をもらえるのが、患者会の不思議なところだと実感しました。

がん患者会シャロームさんの素晴らしさは、自分がもらった元気や希望やあたたかい思いを、次の人に届けようと会員さんたちが次々と協力しあう「輪」だと思います。

今回もたくさんの幸せを頂けました。ありがとうございました。

Bさんの感想メール
勉強会、懇親会お疲れ様でした。大大大成功でしたね。

盛りだくさんで、時間内によく収まりましたね。プログラムの時間設定がズレていたので、ハラハラしました。

何とかしてしまうシャローム代表の柔軟性というのか、押し通してしまう力、凄技です。

勝俣先生のやさしいお人柄が存分に感じさせられました。〝患者と共に育つ”と言ってくださる、謙虚な姿勢、感動を覚えます。

今回、お話をしてくださった方々、みんなすばらしいと思えました。きっと、参加してくださった方たちの心に深く残ったと思います。ここまで、赤裸々に語ってくださったのだから・・・。 

懇親会はいつものように楽しいね。初めて会った人と、こんなに話せちゃうんだから。シャロームさんの仕切りは、天下一品です。

これからもよろしくね~。

Cさんの感想メール
昨日は勉強会に参加させていただきありがとうございました。

限られた時間の中で体験談を語って下さった方々やご講義をされた勝俣先生、素晴らしい司会進行のシャローム代表、そして運営に関わっていただいた方々、本当にありがとうございました。 

皆様の体験談をもっともっと聴きたい思っているのは私だけではないと思います。あとせめて時間が5分あったらなあと勝手なことを思いました。

勝俣先生は以前にセカンドオピニオンに同行した時にお会いしているのですが、ご講義での印象は物腰が柔らかく、先生にありがちな威圧感な印象は全く感じませんでした。

セカンドオピニオンでは先生の目が厳しかった それだけ状況が厳しかったんだと感じました

がん拠点病院であるにも関わらず、きちんとした医療が受けられない現状のなかで、正しい医療情報を得ることの大切さを改めて感じるし、先生ともよい関係を築きたいですね。

今生きている事に感謝しなければならない と痛切に感じた勉強会でした。(シャロームさんが大変な時に、お手伝いも出来ずに申し訳ありませんでした。)

Dさんの感想メール
~略~
勝俣先生の事はブログをはじめ、さまざまな所でお名前を拝見したり記事を見る事はあったのですが、お会いする事は初めてでした。

とても物腰の柔らかい、優しく、おもしろい先生ですね♪ また、患者の生活の質をとても大切にしてくれて、標準治療ではなくても、可能な限り患者の為になる事をしてあげよう!という気持ちがとてもよく伝わってきました。

~略~勝俣先生に母の事を相談した時に、まだまだ抗がん剤はたくさんあるから、量を調節したり、なにかしらの方法でまだできると思います、と言っていただけました。

私は今まで色々な先生にセカンドオピニオンを聞きに行きましたが、そのような事を言う先生は初めてでした。

すべてのネックはPS(パフォーマンスステータス)3、4だと言う事で、ガイドラインにもできる治療はないとありました。

是非、次の治療に迷いが出た時に、今度はきちんとセカンドオピニオンとして勝俣先生のご意見を伺いに行きたいと思いました。


また、貴重な体験談も聞くことができて、本当に良かったです。やはりがんとひとくくりに言っても、それぞれみんな違うわけで、参考になる事や、聞いてるこちらが涙してしまう事もあったり…うまく伝えられないのですが…とても良かったです。

懇親会では途中で退席してしまい、申し訳ありませんでした。本当は最後まで居てみなさんのお話を聞きたかったのですが…機会があればまた参加させていただきたいと思います。

~略~
このような対外的な活動は、今回が最後という事で、参加できて光栄です。あれだけの事をやり遂げるにはかなりのパワーが必要だと思います。それを今まで、11年もやってこられて、本当にお疲れさまでした。

勉強会参加できて本当に良かったです。 時間があっという間に過ぎてしまい、もっと聞いていたいと思うほどでした。
また〝患者の集い”をされる際には、是非参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。

Eさんの感想メール
昨日は、勉強会への参加の機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

私は昨日日帰りで栃木から出てきたのですが、本当にためになり、勉強になりました。栃木への帰りの電車の中で、いただいたレジュメを見ながら、行って良かった、とこの機会を与えてくださったシャロームの会さんには感謝の気持ちでいっぱいでした。

勝俣先生のお話も抗がん剤についてわかりやすく、またシャロームさんのフォローもあり(お二人の漫才のような仲の良さでした((*^^*))楽しく勉強させてもらいました。

また、今回は遺族会員さんやがん患者会員さんの体験談が伺えたことは、とても私の中で大きかったです。 (その後気になって、渡さん、大光さんについて、調べて、特に渡さんの書かれたがん患者体験談のレポートを読み、勉強させてもらいました。)

ただ今回盛りだくさんの内容だったので、時間がなく、もう少しお話を聞きたかった方がいます。

自宅で奥様を自宅療養され、看取られた高野さんのお話をもう少し伺いたかったです。自分の父も現在〇〇がん4期で治療中ですが、いつ、どのような状況になるかわかりません。

もし、自宅療養を言われた際に、慌てないよう〝最善を期待し、最悪に備える”ためにも、早め早めに病院や市に協力を求める等どのように動けるのか、調べたり、色々な方のお話を伺い、勉強していきたいと思っています。

対外的な勉強会は今回が最後とのことですが、昨日も超満員で活気のある勉強会だったと私は感じました。当日参加の方も沢山いらっしゃるようでした。

そうそう。余談ですが、座った席がたまたま一番前列の右端だったこともあり、司会進行されるシャロームさんが持ってらした原稿をちらりと見てしまいました。

走り書きで、注意書きや時間等々かかれており、また植村さんがタイムキーパーとしても皆さんに時間を正確にお伝えくださっていて、勉強会を開催する側の大変さを垣間見させてもらいました。
 
うまくとりとめのない感想になってしまい、申し訳ありません。

シャロームさんご自身も、旦那さんのこともありご自身もお忙しい中大変だったことと思います。また、ブログ楽しみにしていますね。

インフルエンザも流行っているようですので(子供達の小学校では1クラス5人位出てお休みしています)ご無理をされないようお身体に気を付けてください。

明日に続く!

勉強会はこちら 副代表が制作

勉強会椅子右側半分の椅子!
左半分に同じ数が並んでいる。会場設営は、副代表が一手に引き受け任務遂行


【がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様! 
   ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 


毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円


C.O.M.M.E.N.T

素晴しすぎて、言葉がむなしい

勝俣先生が優しすぎて一等賞で、

登壇のお一人お一人が感動で、

会の集大成の映像があまりに上手にまとめられて懐かしく、

あの会場に140名、うそでしょう?!

プログラムに進行に濃やかな意図がにじみ出てて、

歌の人選もとても良かった、

感謝のお手紙、先生のきっと宝と思ったり、

この会が一同の心に灯したものを思いやったり、

シャロームさん、皆さん、ほんとに良かったですね。

有難うございます。


折しも、翌20日21時~、NHKスペシャルで
『プレシジョン・メディシン=がん治療革命』が放映されました。

勝俣先生のレジメにあった、分子標的薬と免疫チェックポイント阻害剤についてや、遺伝子情報からの治療について、とても解りやすく教えていました。

日進月歩しているがん医療の近未来に言及しており、
最近、再発転移して気落ちしていた友人が視聴し、
『希望をもって治療に臨みます』、と明言してくれました。

以前、シャローム主催の講演会で、『わたしは、死に向かって生きているのではない』と体験談を語ってくださった再発患者さんの言葉を改めて思います。

シャロームさんの今後のご活動に期待しつつ、感謝を込めて





2016/11/21 (Mon) 21:25 | koba #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント