2017_01
14
(Sat)18:50

余命は半年…がん治療医ががん患者になって分かったこと!日刊ゲンダイ。でも、少々物申す!

タイトルを見て引き寄せられる人は少なくないだろう。私もその一人である。しかし、下記の記事を読むと、余命半年ではない。治療をしないと余命半年とある。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/196673/2

通常、世間では、今の段階が、残りの時間(余命)が、ほぼ、正真正銘半年位・・・そう受け取るものである。

更に、がんを告知されて、ほとんどの人は、治療をするだろう。

であるなら、治療をしなければ余命半年・・・の、治療をしなければという文言を、記事のタイトルにきちんと、付け加えなければフェアーじゃない。

余命半年なら末期である。でも、今も、通常の業務をなさっておられる。当会にも、まったく、この医師と同じように、見つかった時に肝臓転移をしていた胃がんの会員さんがおられた。

TS-1を服用し、丸4年間とてもお元気だった。ステージⅣの患者が、お孫さんのお世話や自分の親御さんの介護までなさっておられた。

当会がお勧めしたがん患者の障害年金も受けておられた。経験上、こういうステージⅣの患者の場合、ほぼ100%(共済年金の方は、難しい。)、当会では受給されている。MAX進行してると判断される。

4年を過ぎたあたりから、骨転移をされ、召天されたが、(だから、受給は、当然である。)この医師のように、余命半年だなんて、高々と旗振って、大騒ぎしていた訳じゃない。

この西〇医師が、これからなさろうとされることは素晴らしい。しかし、次のフレーズを読み愕然とした。

西村医師は免疫療法も受けている。エビデンスがない免疫療法には賛否両論があるが、さまざまな情報から「毒にはならない」と確認し始めた。

免疫療法?まいったなぁ~。申し訳ないけど、本当にがん治療医ですか?と疑いたくなる。免疫チェックポイント阻害剤ならまだ分かる。でも、オプジーボは、胃がんでは只今、治験の真っただ中。

かなり有望視されていると、セミナーで学んだ。これが、もし、保険適応にでもなったら、完治する患者も現れることだろう。

しかし、ここに書かれてある免疫療法とやらは、如何わしい詐欺まがいの例の治療なのかもしれない。こういった副院長ともあろう方が、公然と、発信しちゃ~いけないんじゃないかな。

これじゃ~まるで、詐欺の片棒かつぎ!当会の元遺族会員さんは、末期の奥様にこの類の免疫療法を受けさせ、一ヶ月で600万円つぎ込み、医師の余命通りに亡くなった。

彼は、この免疫療法を受ける前に、がん患者会シャロームに出会っていたら手を出さなかった・・・と言っていた。

この記事中の西〇元一医師は、続けてこう書いている↓

「ただし、標準治療が大前提。それも『正しい情報』につながりますが、『……をすれば治る』といった聞こえのいい情報は、疑ってもいいと考えています」

『聞こえのいい情報は、疑ってもいいと考えています。』と、付け足しのようにこのように言ったとしても、この記事の最後には、

▽にしむら・げんいち 金沢赤十字病院副院長。抗がん剤、手術による胃全摘、放射線治療、免疫療法を受ける一方で、がん患者を支援する「金沢マギー」の施設づくりと人員確保のための「元ちゃん基金」を創設。著書に「余命半年、僕はこうして乗り越えた!」。

しっかり、免疫療法を宣伝している。されている。ご本人の本意じゃないかもしれないが・・・。

金沢マギーなどを設立して、更に、『私は、抗がん剤。手術。放射線。そして、免疫療法で、余命半年の胃がんを乗り越えました。』なんて、免疫療法の発信源にされたとしたら、本当にたまったものじゃない。

こういう医師を、がん治療医と言っていけない。彼のやっていることは、多くの患者を今後惑わすことになるかもしれない。がん体験者であるだけにその発信は罪深い。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから
http://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違
いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円


C.O.M.M.E.N.T

免疫療法と言ってもいろいろあります。
1ヶ月何百万もするものから、久留米大で受けられるペプチドワクチン、丸山ワクチンまで。
常識的にみて法外な金額でなく、患者本人が納得する分には受けても構わないんじゃないでしょうか。
きちんとした三大療法をした上で、自分が受けたい免疫療法を受けるのは勝手だと思います。医師だって好きな治療を受ける権利はあるのですから。

三大療法を受ければよくなるのに、それをしないで法外な金額の免疫療法を押し付ける医者ならダメですけどね。

2017/01/15 (Sun) 01:03 | ひでこ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 15:18 | # | | 編集 | 返信

免疫療法アレルギーですね。そもそも最末期の患者に月600万円の免疫療法という選択肢があり得ません。そういった選択をした方の、それでも藁をもすがりたかったという想いだけは分かりますが、それ以外は全く意味のないブログです。冷静な議論、情報提供が患者会には必要なんではないでしょうか。

2017/01/17 (Tue) 01:51 | モンタロウ #X.NmPtlw | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/19 (Thu) 20:37 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント