2017_02
17
(Fri)11:06

“理解されている”と言う幸せを、今、味わっている!

自分の今までの人生の中で、これほど、自分の言っていることを信じてくれた人がいただろうか?今、私は幸せである。勿論、私が多岐に亘る様々な思いの全てではない。

多くのことを人は思いながら生きている。その思いの一つを100%信じてもらえたとしたら、どうだろう。『私はあなたの言っていることを理解している。』では、それは一方通行の、自分に都合のいい理解である。

小澤竹俊医師の書かれた著書によると、『あなたは、私の理解者だ!』と、思ってもらえることが、本当に理解しているということである。的なことが書かれてあった。

ストン。納得して胸のつかえが下りた。どの医師の言葉も、どうしてこうも、的を射た形容が出来るんだろう。そもそも、頭いいんだろうなぁ~。

ずっと、同じようなことを私も繰り返し言っていたが、こういった一言にうまくまとめあげることは出来なかった。まさに、言葉が生きて働いている。言葉は生きている。今、実感している。

さて、
月曜日から今日まで、出ずっぱりであったが、今日はoffの日。(って、お前は、芸能人か!)ここ最近、とても幸せなことがあり、前々からブログにUPしたいと思っていた。

やっと、その時間が取れた。人は、それぞれのキャラクターを持っている。それは、神様から与えられているもの。

おしとやかな人。優しい声の持ち主。元気そうな人。賢そうな人。頭よさそうな人etc。しかし、そういった外見が、災いして、その人が発していることを信じてもらえないこともある。

例えば、とても悩みが深くても、ちょっと自分を誤魔化して、生まれ持ったその場の雰囲気を和ませるタイプの人は、悩みを抱えている人には、見てもらえないとか。

まぁ~。そうであるなら、自分を抑えてちょっとは、沈んでいるふりをするとよいのかもしれないが、天性的な立ち居振る舞いをしてしまいがちである。

そんなことはどうでもよいが、私は、口を開けば、必ず返ってきた言葉があった。『嘘。うそ。』 『信じられない。』 『いや、こういうことなんじゃないの?』とか、兎に角、私の言っていることを理解しようとするのではなく、

ご本人の思い込みや判断や、逆に励まそうという思いを最優先にして、私の話を聴こうとするから、前述した反応となってしまう。

すると私の方も、『またか、どうせ、信じてもらえないよね。あ~あ。口にした私が愚かだった。』ということいつもの流れとなる。まさに、物言えば唇寂し。

ところが、最近、(いや、少し前あたりから)『この人、本当にもしかして、私の言っていることを、そのまんま、信じてくれているかもしれない。』と思えるようになった。

この人は、私の理解者だ!私と言う人間の理解者ということではなく、私のある悩みに対して、その部分に関して、100%信じてくれている!ということである。

こんな経験は初めてであった。これからが私の最も言いたいことであるが、私の深い悩みは、私にとって、かなり深刻なものであったにも関わらず、

実は、今では、そう大した問題でない!という心境になっている。重く体の中で鉛のように私の心を支配していたものは、理解者が現れることによって、たったそれだけで、まるでその鉛が体から抜去されたような思いなのである。

私の理解者は、何かを私にアドバイスした訳でも、解決策を提案した訳でもない。ただ、私が、彼女は私の理解者だと思えた。それだけなのだ。

そして、その後は、実に素敵な展開に。理解者が目の前に現れた私は、胸のつかえは、す~っとなくなっただけでなく、自分の中で今後の生き方が180度変わったのだ。

気にならなくなったというか、問題と思えなくなったというか、私の人生の中で、どうでもよいことというか、そこに気を囚われない生き方を見いだせたということなのだ。

長年引きずってきた私の深淵の悩みやこびりついた苦しみは、何だったの?と思えるほど、今では、とてもちっぽけなことと思えるようになった。

固執しなくなったというか、どうでもよい・・・という、語弊があるかもしれないが、それに近い。

今まで、どうでもよくなかったから、葛藤があり、憤りがあり、理解されないという辛さがありetc。今、私はそこから解放され、やっと、自由を勝ち得た。

それは、たった一人の理解者の出現によるものだった。

そして、これがピアサポートの原点なのだ。私の友人によって、このピアサポートの極意を学ばせてもらった。

もう、彼女に同じような悩み相談をすることもないだろう。何故なら、ちゃんと、回避する術を自分の中で会得したからだ。

ものすごいカタルシスであった。そして、彼女もまた、いつも、私の存在を尊んで下さっている。お互いが認め合い。励まし合い。時に戒め合い。そして信じ合う。

やっと構築された絶対信頼がそこにあるからこそ、今回のような素晴らしい愛の贈り物となったような気がする。

彼女は、私のある問題の理解者。もう、彼女にかなう人は現れない。この地上で、私の理解者は、多くなくていい。たった一人で十分。それは、何百億人にも匹敵する素晴らしい人物。

そして、きっと、今後、私が、誰に対してもこの問題のことで口にすることはないだろう。何故なら、理解者が現れることによって問題が解決されたからである。私は、何て、幸せなんだろうと思う。

理解されるということは、次の活路を見出すことであり、希望へと続くものであり、自由を得るということである。この金銀にまさる彼女からの贈り物を、今後は、患者会や病院内へのピアサポートで生かせていけたらと思っている。

これは、机上の学びでは絶対に得られない。がんの体験のみならず、聴いてもらって理解される者の形容しがたい心の安定を、はからずも、ピアサポーターでもない彼女から教わった。本当にありがとう。心から感謝してる。♥

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント