2017_04
17
(Mon)09:01

2017.4.16.横浜オフ会終了!

家族会員さんから、『横浜オフ会しましょうよ!』と、声を掛けられ、(火をつけられ....笑)すぐに、調整をはかった。

動き始めたら早いが、動くまでのエンジンがなかなか、かからないのが私の悪い癖。そういった意味では、この彼に感謝したい。

全員の希望を叶えることは出来なかったが、昨日、取りあえずは、11名参加した。正直な感想は、みんな、なんか、きれ~になっていた。懐かしく旧交を温める。

がんを抱えているけど、どうだ!この弾けるような笑顔↓

横浜オフ会2017.4 
この中で、再発がんと闘っているのは、4名。もう、死ぬんじゃないかと思う程、強硬な治療を経験している会員さんがいる。

主治医の勝俣医師も、(当会に繋がってから転院した。)『私の患者さんで、根を上げず、最後まで完投された方は、あなたが初めてです。』と言わせたほど。

もう、それから4年以上経過しているが、ダメージを受けた頭皮は復元することがない。おしゃれな彼女は、部分ピースでうまくカバーし、ヒョイ!それを上に持ち上げ(ずらして)て見せてくれた。

なんて、フィットしてるんでしょう。(この画像の中におられるが、きっと、それがどなたか分からないはず。)

当会のオフ会は、この人がメインということはない。みんなが主役。みんながその人らしい輝きを見せていた。

『え~っ。あなたってハーフ?目が茶色で素敵!』私は、率直な思いを口にする。喜んで頂けることもあるが、この口で何人もの人を傷つけて来たことか。

参加者の一人に、『あっ。とても若い感じで綺麗。今日のお洋服、あなたに似合ってる。』そういうと、『去年ね。シャロームさんから普通のおばさんみたいって言われたので、今日は、気合入れておしゃれしてきた。シャロームさんにそう言われて嬉しいなぁ~。』

私は、何て失礼なことを言ったんだろう。勿論、当人は覚えていない。そんなことを言われても、こうして、集って下さる。

彼女は、卵巣がんのステージⅣ.闘病中に乳がんになった。非浸潤がん。『私、どうせ、死ぬんだから、乳がんの治療拒否しようと思ってる。』ご相談の電話があった。

もし、本当に拒否すると決断していたのなら、私のところに電話はよこさない。迷っているから、掛けて来られたんだ。

私は、今でもはっきり覚えている。『卵巣がんで死ぬ前にあなたは、乳がんで死ぬよ。手術を受けるべし!』私の答えは、一つだった。

彼女は、それを受けて当時、勝俣医師が勧める医師の執刀医で摘出手術を受けた。しかし、今、勝俣医師のお勧めする乳がんの外科医は、別の医師である。

こうして、きちんと、その後の評判や、その医師の患者への向き合い方の変化などをつぶさに感じとって下さって、おざなりではなく、真剣に当会の活動をご支援続けて下さっている。

そのダブルキャンサーの彼女は、それから、やはり、3年以上、今も、お元気で普通の生活を送っておられる。

(ほら!あの時、治療拒否してたら、今のあなたは居なかったわよ。とは言わなかったが、思いかえせば、言っとけばよかった。笑 でも、それって、恩着せがましい言葉だから、言わなくてよかったってことだな。ヨシヨシ)

さて、
今回は、せめて、手土産のルシアンクッキーやいちご大福の材料費、その他の経費だけでも、ご協力頂こうと、(当会は、入会金も会費も徴収していない。)参加者の皆さんに、フリマ献品を呼び掛けた。

横浜オフ会手作り※手土産のいちご大福とルシアンクッキー

みんな、思い、思いのものをご持参頂いた。とても残念なのは、そのミニフリマの様子を画像におさめていなかったこと。

体調の関係で参加が危ぶまれていた彼女は、とっても素敵なカシミヤ(パシュミナ)のショールに目をつけた途端。『あっ。それ、私、欲しい!』なんと、元気で張りのある声。

買い物は、女性を元気にさせる。(笑)

再発・転移をしている人は、定価の3割引き。横浜方面の方は、遠方すぎて、当会への患者の集いにご参加されることはない。だから、こんな特典を受けられたのは、今回が始めて。なんと、嬉しそうな表情だこと!!!

ただし、手作り品は、定価である。3割引きにすると原価割れ(手間暇や材料費)になる可能性があるからである。かくして、昨日の売り上げは、7,456円。

お釣り用に持参していた私のお金が一緒になり、『売り上げが分からなくなったぁ~』とパニクル私に、隣に座った会員さんが、一人ひとりの購入をメモ書きして、合計を教えてくれた。本当に助かった。

ところで、
参加が危ぶまれていた会員さんには、特別にお花をプレゼントさせて頂いた。それは、『生還、ありがとう。』と、(おめでとうではなく、ありがとうなのだ。)一人ひとりからのメッセージを贈った。ご夫妻には内緒にしていた。

その画像は送られてきてないのが残念であるが、それよりも何よりも、お花を買ってきて下さった方、お店を選んで下さった方、ご参加という尊いご協力を下さったことも、私は、心から感謝申し上げたい。

私は、こういった、『こんな変わり者の代表、欠陥だらけ、不完全で、ほんと、どうしようもない私が牽引するこの会を、本当に支えて頂きありがとうございます。』オフ会の進行も型破り。フリーマーケットで資金集め、会員さんの株を上げたり下げたり....。(ほんと、忙しいこと。)

でも、どの方もいい人達ばかり。楽しい時間はあっという間に過ぎる。12時から始めた宴会?は、何と、6時過ぎまで続いた。

出されたメニューもさることながら、店主の方の我々を歓迎されたお姿が本当に印象に残っている。表現しがたい自然体の温かさ。それが、接客にもお料理にも反映されて、誰一人残す者はない。ペロリとみんな美味しい。美味しいと、平らげた。

小さなお店だったけど、優しさと温かさがギュッと詰まった、密度の濃いい横浜ランチオフ会であった。明日に続く。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円  

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント