2017_05
14
(Sun)09:53

『頭ごちゃごちゃになりそう。』と会員さん!

当会には、患者の集い他の連絡担当を引き受けて下さっている方が4名おられる。

5月26日(金)の第63回〝患者の集い”の出欠をとって頂くようお願いのメールを送った。

そして、その後、今度は、私が世話人になり、翌27日(土)の緩和ケア講演会後の懇親会参加の有無のメールを講演会参加者全員にメールを送った。送った人数は、55名+3名(携帯のない人。メールの出来ない人)

それを立て続けに受けた会員さんが、『頭ごちゃごちゃになりそう。』と、私を労いメールを下さった。

普通の主婦なら、患者の集いの参加者の一覧表や、懇親会参加の一覧表を作成する私の作業を思うと、頭がごちゃごちゃになると思うのが当然である。

ところが、実は、そんなもんじゃない。(笑)同時期に、真珠の会(遺族の会)のランチオフ会も、対象者宛にメールを送っていた。

その遺族の会は、先ほど、決定した。6月17日(土)9名参加。絶対多数決で偏りなく決めさせて頂いた。こちらを立てれば、あちらが立たず、あちらを立てればこちらが立たずである。(日程の合わなかった方には、本当に申し訳ない。)

5月27日(土)緩和ケア講演会後の懇親会参加者は、27名と決まった。お店を探して下さるのは、別の会員さんにお願いする。

そして、この5月27日(土)が終わったら、今度は、故山本孝史議員の『命のフォーラム』奥さんのゆきさんから、『是非、観劇の協力をお願いします。』と熱いDMでのご依頼。

その朗読劇は、当会より、15名の協力を得た。(渋谷NHKホールなので、こちらからだと、それなりに、遠い。)(もう、これだけで、頭がごちゃごちゃピーク 笑 。)

そんな中、2,000年。国立がん研究センター中央病院当時の入院仲間が集まるオフ会のお誘いを受ける。『都合のつく日は、この日だけど、他の方を優先にして。』と言うと、

『シャロームさんの出られる日に合わせる。』と、言って下さって、6月15日(木)と決定された。

このようなスケジュールの合間に、病院の中でのピアサポート活動が入る。今月は、埼玉は1日のみであるが、東京は、5日間院内ピアサポートをさせて頂いている。

私が、一番、心を注ぎ、思いを込め、穏やかな眼差しを注げる尊い活動をさせて頂く日である。

患者会も懇親会も大切であるが、病院という大きな組織の中での活動は、同時に神経を注ぐ。

そんなバタバタとした忙殺されそうな中にあっても、ご相談者からのご報告は、嬉しい。だって、それが、本来の、患者会の活動目的。

一方、相談しておいて、後はしらんぷりの人が一番、疲れる。それを、指摘すると、『シャロームさん。忙しそうだったから。』と言い訳される。

『お願いするときは、電話で、結果は、無しのつぶてって、やっぱり、相手の心配のことも考えてよね。』、さくらんぼの会の時に、そう指摘した。人と人とのかかわりの中で大切なことは、心と心の繋がり。

この繋がりこそが、財産のような気がするし、これからの人間関係を築く上での鍵のような気がする。

そんな中、
6月1日(木)~2日(金)、17年来のがん友と日光に行く。今日、日程が決まった。彼女は、出会った時から、『私は、シャロームさんのファン』と言って下さっている。ずっと、ずっと、その気持ちを持ち続けて下さっている。(そんな値打もない人間なのに。)

最初に、『ぎゃ~っ、シャロームさん。素晴らしい~』と飛びついて喜んで下さる方も、私の実態に触れ、日数と共に、人は、幻滅して(笑)去っていく。一方、ずっと、同じ気持ちを抱き続けて下さる方もいて下さる。

彼女と残り数人は、出会ってから、本当に、ずっと、ずっと、愛と忍耐と寛容で私のような者に関わり続けて下さっている。本当にありがたい。本当に幸せ。

旅行をご一緒するそのがん友は、3年前に再発をした。今は、no change 状態だが、私もまた彼女の再発がんと一緒に闘っている。再発してるけれども、『私は、彼女を死なせない。』そんな意気込みであることは言うまでもない。
 
多くなくていい、本当に心から信頼し、安心して、心置きなく付き合える裏切らない仲間(友人)は、片手の数でいい・・・と、柳 美里の〝命”という本の中に書かれてあったっけ。

頭がこんがらがり、ごちゃごちゃになりそうな私に、『ご無理をなさいませんように。』と、言われるより、『シャロームさんのお働きは、無理をしないといけない活動ですね。お体が守られますように。』そう言ってもらえると、『あ~私を理解して下さっているなぁ~。』と、思えて嬉しい。

そんなお話を、5月27日(土)緩和ケア講演会の基調講演者の前座でお話が出来たら・・・と、思っている。誰でも参加できるので、是非、ご受講を。

おっと、言い忘れ!6月24日(土)は、さくらんぼの会が決定されている。再発・転移をされている方は、是非、ご参加を。

この日は、肺がんステージⅣの長谷川一男さん(肺がん患者の会ワンステップ代表)をお呼びしているので、是非、一人でも多くのご参加を。

今回は、招へいさせて頂いたので、横浜からの交通費とランチ代と謝金3,000円をお支払わせて頂く。

(会員さんではあるが、これは、特別枠であり、多忙を縫ってのご参加である。今や、日本中で一番忙しいステージⅣのサバイバーであろう。)

今日のブログ、頭も中味も、更に、ごちゃごちゃになっちゃった。(^_^;

それでも、どうぞ、どうか、治療のこと精神面のこと、お悩みのある方は、是非、ご相談を。いつでも、ちゃんと、ご対応させて頂くので、(すぐには、ご対応出来ない場合あり。ご容赦を。)遠慮しないで、相談して欲しい。

あなたの命は、遠慮するような軽い命なの? 私でよかったらご相談を。治療のヒントになるかも!!!時に電話を出られないことも、時に、通話中の時であっても、あきらめずに・・・。


ご相談メールは、こちら → sugitocancer@gmail.com(うまく反転出来ない。なぜ?)
うまく送れない場合は、アドレスをコピペして送信してみて!

電話は、こちら→090-4535-9198

勿論、無料。但し、当会より、場合によっては、経費を頂くことあり。だから、ご遠慮なく!


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント