神戸市中央区の「母と子の上田病院」で2015年8月、麻酔を使い出産時の痛みを和らげる無痛分娩(ぶんべん)で女児を産んだ女性が、担当した男性院長のミスで亡くなり、示談金を支払うことで遺族と同病院が示談していたことが18日、分かった。遺族は19日、男性院長を業務上過失致死の疑いで刑事告訴する方針。

 亡くなったのは篠原稚子(わかこ)さん=当時(36)。遺族などによると、15年8月19日、同病院で無痛分娩による出産をした際、陣痛促進剤を多量に投与され、出産後に子宮内からの大量出血により重度の低酸素脳症を発症。意識不明の重体となり、約1年後に急性循環不全で死亡した。

 病院側は当初、羊水が血管内に流れ、血流を遮る「羊水塞栓症(ようすいそくせんしょう)」として責任を認めなかったが、後に過強陣痛の緩和や帝王切開など適切な対応をしていなかったとして男性院長のミスを認め、示談金を支払った。

 欧米などでは一般的な出産方法で、国内でも手がける医療機関が増えている無痛分娩。篠原さんの兄(42)=同市垂水区=によると、篠原さんも2人目の出産に際し「初産では陣痛がひどくて長かったので」と選択。出産の4日前、親族と食事をした時は「今回は痛くなさそうで大丈夫そう」と話していたという。

 出産は午前8時半から始まり、硬膜外麻酔が開始され、陣痛促進剤「オキシトシン」が多量に投与される中で異変が生じた。「頭が痛い」。寒気や吐き気など不調を訴えたが投与は続いた。

その後、子どもは取り出されるも子宮などからの出血が止まらず、別の病院に搬送。「目を開けているのに目が見えない。死にたくない」。搬送中に話した一言が最後の言葉だった。

 遺族によると、搬送先の病院で男性院長が「私は産婦人科をほとんどしておらず、ひよこだった」と弁明したという。「未熟で済むのか」。篠原さんの兄はずっと引っ掛かっていた。

 遺族によると、男性院長は一度も謝罪に訪れていないという。大阪府和泉市の産婦人科医院で無痛分娩出産をした女性が亡くなったとして、4月に担当医師を業務上過失致死容疑で書類送検の方針との報道もあり、刑事告訴に踏み切った。

 篠原さんの兄は「無痛分娩はリスクもあると認識すべきだ。産婦人科医と麻酔医の両方が立ち会うなど、未熟な医者が出ないよう対策を取る必要がある。被害者が二度と出ないようにしてほしい」と求めた。

 病院側は「個人情報に関わることであり、コメントは差し控えたい」としている。

(篠原拓真)