2017_05
20
(Sat)16:42

陣痛促進剤での医療事故!過去ブログ!

昨日のブログ記事に、コメントを寄せて下さった方に反応して、(管理者のみが閲覧)過去ブログを貼り付けたいと思う。

http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-entry-267.html

上記のURLで、part9まで、読むことが出来る。(下段までスクロールして欲しい。)

次男は、障がいを負うことはなかったが、陣痛促進剤による過強陣痛は、自然の収縮よりも強いために、胎児の脳を圧迫するのだと被害の会の学びで知った。

その強い圧迫により、胎児は酸欠になる。そして、障がいを負うという、背景のようである。また、胎児は、そういった強いストレスを負うことから、生まれた時に胃に潰瘍をいくつも作っており、更にそれがストレスとなり、生まれてからも、その医療事故の影響を受けるらしい。

そのように障害を受けて育ったとしても、長く生きて大体3年位だとも聞いた。(これは、その成長をみないと分からないので、一概には言えない。)

私は、すぐに陣痛促進剤を考える会に入会した。当時、その通信に体験談を載せて欲しいということで、掲載されたこともある。

そして、おさらいであるが、多分、上記のブログ記事にも書いたと思うが、胎盤監視装置では測れないくらい、過強陣痛は、欄外?に跳ね上がるので、計測不能の状態になって、初めて、緊急事態発生ということに気付くのである。

こんな医療事故があることを、このブログの閲覧者様においては、知識として蓄えておかれることをお勧めする。知識やライセンスは、決して邪魔にならない。無駄にはならない。と聞いたことがある。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円

C.O.M.M.E.N.T

過去ブログ見ました。

もう、ものが言えない位の衝撃です。
こんな辛いところを通ってこられたんですね。
読むだけで苦しいです。

お二人とも、よくぞ生きてここまでこられましたね。
次男くんの、あの旅行のことも思い出されて、成長を改めて感謝しました。

2017/05/20 (Sat) 21:58 | koba #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント