2017_05
24
(Wed)21:45

扇 千景さんも乳がんだったんだ!

今や、日本の女性の一生涯の内にに乳がんにり患する確率は、12人に一人と言われている。下記の記事の中に、微笑ましい話が盛り込まれている。こういうのってちょっとばかし、い~話!

もう、対岸の火事じゃない。検診と生命保険加入をお勧めする。(がんは、本当にお金がかかる。医学の進歩と共に、どんどん新しい薬剤が承認される。一方、それらのものは、目が飛び出るほど高い。私は、生命保険に入っていなかった。正直、後悔している。)

2017.3.13

扇千景 昨年11月、乳管がん手術していた…
夫・藤十郎の献身に感謝 

 女優・扇千景(83)が13日、夫の歌舞伎俳優・坂田藤十郎(85)とともにテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、昨年11月に乳管がんの切除手術を受けていたことを明かした。

 結婚60年になる同夫妻。夫の藤十郎について、扇は「マッチもつけれない、ガスも消せない。歌舞伎以外のことはな~んにもできない人」と歌舞伎一筋の生き方を説明した。

かつては、もう一度結婚するなら、藤十郎とはしない、と公言していたが、この日の番組では、「宗旨替えしました」と切り出した。

 扇は「昨年11月にちょっと(脇のあたり)触ったら、何かある。(調べたら)乳腺にがんがあったの。乳管がん」と告白。部分切除の手術を受け、25日間に及ぶ放射線治療を受けたことを明かした。

 1週間の入院中は「病院で一緒に毎晩寝てくれて、病院から歌舞伎座に通ってくれたの」と明かし、夫の献身ぶりに惚れ直した様子。

藤十郎は昨年11月に東京・歌舞伎座公演に、今年1月には大阪松竹座に出演していた。

 放射線治療は大阪公演中で、扇は「その(手術の)後、放射線25回かけなきゃいけなくて、大阪の病院に19回、ついてきてくれたの。何にも言わないで、黙って。地下鉄乗って病院にね」とも明かした。

 扇は「あんなに世話になって。優しい人」と感謝の思いを語り、藤十郎が「うれしかったね、こうやって元気になってくれると。生きててよかったな」と話すと、涙をにじませた。

 扇は元宝塚スター。1957年、藤十郎と「できちゃった婚」し、引退。その後、参議院議員となり、2007年に引退するまで、参議院議長、国土交通大臣などを歴任した。

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント