2017_06
20
(Tue)08:38

自分を守るために、勇気を持って行動する!人はみんな大なり小なり信頼を裏切られるね。ローラの記事より!

今朝、下記、タレントのローラの記事が目にとまった。ここずっと私は重い鉛のような物を引きずっていた。熟考して、まず、自分を守るために、一線から退いた。

特に、裏切られるとか尊厳を傷つけられたりとか、そういった内面的なことは、そう簡単にその痛みは消えない。

逆に、物理的なこと、遅れてくるとか、ぶつかってきたとか、違う意見を言われたとか、そういったものに、いちいち、目くじらを立てていては、世の中渡ってはいけない。そういう類の悩みではなかった。

でも、前者をうやむやにして、しっかりと検証しないまま事が進んでいくと、根本の解決は、蓋をしめられれたままになる。誰か一人を悪者にしておけば、進めた側の思う壺。情報操作はお手の物。

今話題の、前川さんの証言を思い出す。前川さんも、黒い物をしろと言えない。規模は違うが、私もそういった局面にさしかかっていた。『ひどいなぁ~。』そんな言葉がずっと心の中で渦巻いていた。

私の我がままとか、私の原因とか、私の勝手な行動とか、無責任とか、どうも、そういう流れになっていると聞いた。事実は違う。

私は、元来。納得してしっかりと自分の生きる道を突き進むタイプ。そして、その路線に乗ったら、ちょっとやそっとでは、脱落もしないし、途中で投げ出したりもしない、諦めもしない。それは、私の特性とでも思える。

私の人生の生き方もそう。33歳まで、しっかり同じ仕事を続けた。(転勤は、あったが)結婚も、34年目を迎えている。

がんになって治療もしっかり10年続けた。(他の人は5年間。でも、私は、納得して10年続けた。)きちんと、その治療を、先取りし、主治医とタックを組んで、気の遠くなるような治療を完了した。

私が立ち上げたがん患者会シャロームは、12年目を迎えた。あまりの多忙さに、10年目を節目に、大きな講演会を最後に対外的なイベントは、概ね、ゴソッと縮小した。会を存続させるための勇気ある撤退だった。

すべてが、思いつきや、感情的な気持ちで路線を変更したのではない。きちんとした背景があってのことである。しかし、下記のローラの記事には、信頼している人から裏切られた!とあるね。その衝撃分かるなぁ~。

そういう裏切りは、私のように長く生きていると、時々遭遇する。でも、私は、そうじゃない人達によって支えられてきた。

そういう人たちに、目を注ぎ、心を通い合わせて、穏やかに、毎日を大切に生きていたいと思う。以心伝心、コチラがそう思うと、相手にも気持ちが通じる。

ある方が最近、『植村さんって、ストレスないでしょ?何でも、パッパと解決されているようだから。私は、ストレスだらけ。』と言われた。そう見えるんだろうな。

私の毎日は、かなりのストレスフルである。外出するときは、鎮痛薬や下痢止めは手放せない。何度も、緊張する場面では、胃痙攣をおこして、会話が出来なくなったことは多々経験している。

でも、周りの人には、そう見えないんだね。でも、分かってもらえなくてもいい。ちょっと寂しいけど。だけど、分かってくれる人は、ありがたいことに一人や二人じゃない。本当にありがたい。気持ちがほっと、穏やかになれる。私はこうして、支えて下さる方も用意されて生かされている。

今日も、これから帽子を郵便局に送付し、お弁当を作って、都立駒込病院のピアサポートに向かう。終了したら、日本医科大学武蔵小杉病院のキャンサーボード勉強会に参加。当会より今日は5人参加する。

先生にちょこっと質問をさせてもらう時間も作ってもらう。帰宅は、多分、10時半か、11時。こういったことは、物理的な忙しさだから、体力や気力を落とすのことはない。

影響を与えるのは、私が、本日書いた前者の悩みなのである。それでも私は、強く生きたいと思っている。自分を奮い立たせるために、あるストレス解消の場所が最近与えられた。ものすごく、幸せなことだと思っている。

さて、長くなってしまったが、タレント、ローラの記事↓ 太字は、私の勝手な協調!

ローラ怒り爆発「10年の信頼をかえしてください」

6/17(土) 22:02配信

日刊スポーツ

 モデルでタレントのローラ(27)が17日、ツイッターを更新し「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」と訴えた。

【写真】胸元を強調したセクシードレスのローラ

 16日深夜には「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない」、「いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ」ともつづっており、自身を裏切った人物への呼び掛けとみられる。


 ローラは「我慢をずっと続けていると、人はいつか倒れてしまうの」と、相当、我慢していたと思われるツイートをした。


一方で「自分がすきなこと、得意な事がお仕事にもつながると自分だけじゃなくて周りのみんなもハッピーになるし人生って素晴らしいってもっとおもえるんだ!!」、

「でも、もういいの。苦しみを味わっただけ、人は強くなれる」、「リスペクトをしあうことは物凄く大事なことだとおもう」(コメントは原文のまま)と、気を取り直したとみられる心情もつづっている。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント