2017_07
23
(Sun)18:59

贅沢な趣味に、贅沢な食卓!

家庭菜園は、贅沢な趣味というらしい。肥料代他、いろいろと出費がかさむからだとか。そんなことを言うなら、すべての趣味は、贅沢だ。道具がいったり、賃貸料を払ったり。

趣味は、人生を豊かにさせる。自分に与えられた限られた時間を、自分の好きなことや、自分を楽しませるために費やせる時間。もう、それだけで充分、贅沢なひと時。

実母は、いつも働いていた。いつも、動いていた。のんびり、テレビを見ている姿など見たことがなかった。私は、母ほどではないが、やっぱり、私も母のその姿に似てきたと最近思う。

そして、母は、その労働と思えることが、本当は、趣味の域だったのでは・・・と自分と照らし合わせてそう思えるようになった。

父の年金(当時は、恩給と言われるもの)は、夫婦二人で十分であったし、その後遺族年金になったが、それでも、一人では、充分すぎる額であった。

確かに、中絶をしなければならなかったほど、戦後の生活は、経済的に苦しかった。が、3人の子供を自立させた後は、結構、悠々自適であったと思う。

それなのに母は、いつもミシンを踏んでいたし、家庭菜園もやっていた。今思えば、母の性格というか、(よく、継ぎをあてていた。)きっと、とっても楽しい時間だったんじゃないかと思う。

単なる貧乏性だけじゃないんだと。作るという作業は、その完成という目標に向かって、心躍る思いで心を注ぐ。ワクワクしたひと時。(私も、実は、靴下に継ぎあてをする時、本当にとっても楽しい。出来た物を、自慢したいくらい。)

チクチクと、チマチマした縫物の作業や、汗水たらして畑を耕すことは、苦痛ではなく、本当は幸せだったんだ。母の贅沢な時間だったんだ。母の年齢になった今、そう思える。

私も今年の4月から家庭菜園を始めた。最近は、キュウリ。トマト。モロヘイヤ。オクラ。小松菜が取れる。

今日は、採りたての小松菜を使ったオイスターうどんというのを作った。とっても美味しかった。自信作であったが、夫も、『中華風で美味しかった。』と、絶賛していた。

小松菜は、虫が食ったり、縮れていたりと見栄えはよくないが、無農薬で安全。

っという訳で、今日は、最高の贅沢を味わった↓

小松菜 小松菜うどん
 採りたてのみずみずしい小松菜  小松菜入りオイスターうどん

沢山収穫できたので、2軒にお裾分けが出来た。キュウリも最近やっと採れだし、我が家では食べきれないので、ご近所さんにも貰って頂いている。

そうそう、私、ちょっと凝ってしまって、ある物を購入した。そして、自然発酵のたい肥を作っている。ホームセンターに行ったら、『これを、女性が購入されたのは、あたなが初めてです。』と、言われた。それはまた今度。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com
 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント