2017_08
25
(Fri)22:32

お金は貸せない:だから、断念してもら他ない!

明日は、さくらんぼの会(埼玉がん再発・転移者の会)、ランチ&ケーキセットで、1,400円。お誘いは、メールであるが、お一人のみ、どうしてもいつも、連絡から漏れる。

携帯もPCもお持ちでないので、連絡は、固定電話のみ。ところが、昼間デイサービス(まだ、50代であるが)を利用されているので、なかなか、つかまらない。

それでは、夜電話すればよいと思われるだろうが、結構、雑事に追われて忘れてしまう。やっと、明日の今日になって、さくらんぼの会をお誘いした。(って、一度お電話したけどご不在だった。)

『行きたいし、みんなにも会いたいけど、実は、お金がない。お恥ずかしい話だけど・・。もう少し、早めに分かっていたら、その分のお金を用意していたんだけど・・。生活保護費の出る5日以降なら、大丈夫なんだけど・・・。』

と、言われた。がんは、2年前から無治療(某がんの肝臓転移)であるが、悪さをしていない。使える薬はすべて使ったので、もう、手の施しようがない。ところが、がんは、休眠状態。こんな不思議なこともあるものである。

『ごめんね。お金、立て替えれば(お貸しすれば)いいのかもしれないけど、当会は、それを禁止してるからね。残念だけど、次回にまた、お会いしましょうね。』

そういって、お互いが断念した。

しかし、先日のスローエアロビの時に、私は、レッスン料の500円しか手元になく、ランチを誘われた時、お金を借りた。もう一人の会員さんは、財布を忘れていた。

それでは、当会の約束通り、ランチに行けないか・・・。実は、講師が彼女の分を立て替えることを、私は許した。

私の借りたお金は、すぐにお返しした。お金の貸し借りはしないんじゃないの?、シャローム代表は、一貫性がない!とご批判を受けそうであるが、それは、実は、臨機応変なのだ。

私は過去に、生活困窮者(借金をされておられるがん患者)にお金をお貸ししたことがある。勿論、返ってはこない。って、もう、『返却不要。』と言って差し上げた。

私は、お金を差し上げるような身分ではないが、これ以上、お付き合いをすることは、お互いのためにならないと判断し、交流を絶った。

再度、お電話もあったが、私は、すぐに切らせてもらった。生活費にお困りなら、やはり、この国の制度の生活保護をお受けになるべきである。

ズルズルとした関係は、互いを滅ぼす結果になる。当会は、お金のトラブルを避けるために、お金の貸し借りはしない!ということを徹底している。(但し、前述したように、私が判断して、そう責任をもって、例外的に認める場合もある。)

そういったことも含めてお金に関しては、透明性を重んじている。コソコソ内緒とか、これは、黙っていてね的なところもない。不正がはびこらないよう毅然とした態度で監視の目を光らせている。

明日のさくらんぼの会の会場としてご提供下さるマーガレットさんのオーナーさんには、絶大な信頼を得ている。

エピソードを一つ。ある日、彼女から、外出先から電話がかかってきた。『ストーブを消したかどうか、自信がない。家の鍵が、〇〇に隠してあるので、その鍵で家に入って、確かめてくれないか?』と、頼まれた。

こういったことを、私のようなものに、依頼して下さるご近所さんとの関係もまた、私は、宝物だと思っている。

さて、明日は、さくらんぼのメンバー、きっと、きっと、ご満足いただけると思う。お料理もケーキも、交わりも。

【過去ブログ】
別のご近所さんのとの関連エピソード↓

『信頼の絆!』 

『プライオリティー』 

『頼りにされると言うこと』

あっ。また、例によってテーマから逸れた。いつものこと。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント