2017_09
26
(Tue)21:46

漢方アカデミーin久喜!有用情報を得た。

夕方、ご相談のお電話があった。が、話の途中で不本意であるが、切らせて頂いた。ご相談者は、苦しくて涙しておられたが、先約があり、どうしても中断せざるを得なかった。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいであった。

車で迎えに来て頂き、飛び乗った。本日は、ホテル久喜で、漢方の勉強をさせて頂き、有用情報を得た。

週刊新潮で、ツムラの漢方の報道がなされたばかりであったが、やはり、処方されている医療者側の話も、平行して聞くべきと思った。

6時半に出かけて、9時半に帰宅したので、(こういう時は、例によって、夫のお夕飯を準備してから出かける。エライ...私。笑)少々疲れた。

私にとってのトピックスは、足のつりには、芍薬甘草湯が欠かせないが、就寝中の足の吊りだと、あの粉剤は、飲みにくい。

そんな時のために、別の製薬会社であるが、芍薬甘草湯ゼリー(松浦)やエキスがあることを知った。早速、薬局に走ろうと思う。

漢方は、驚くなかれ、ものの何秒で効いたりする即効性のあるものもある。週刊新潮の報道で、もし、漢方離れなどとなることがないよう、リスクとベネフィット(効果)を天秤にかけて、正しい選択をして欲しいと思っている。

お土産にツムラのすべての漢方が網羅されている手の平サイズの手帳をもらった。ものすごく欲しかったので、ラッキーだった。

漢方

これがあれば、主治医に漢方を処方してもらう時、処方を間違われるということが回避されそう。この手帳を示し、番号や漢方名。効能などを、主治医と共に確認が出来る。


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント