2017_10
23
(Mon)19:40

台風でも大雪でも、病院はやっている。ピアサポートも同じ!

今日は、武蔵野赤十字病院のピアサポートの日であった。『こんな台風の日でも、病院は稼働している。院内で活動しているピアサポーターも同じです。』前任者の相談支援センター長の言葉。

今年度、新任されたセンター長も、前任者のやり方を踏襲されている。

私は、大雪の日も、台風の日も、本当によくビンゴになる。6時過ぎに家を出る。しかし、昨夜は、今朝のことが気になりほとんど眠れていない。

雨合羽を来て風に煽られながら自転車を漕ぐ。6時26分。まず、通常の2時間前に電車に乗る。

南越谷でJR武蔵野線が私の乗車の寸前で線路が冠水し運休。7時40分頃の復旧が11時に変更になったというアナウンスで、私は、春日部まで戻る。

アーバンパークラインで大宮へ。今度は、埼京線で池袋まで行き、そして、山手線で新宿まで。次に中央線で武蔵境駅という流れで、何と、病院に着いたのが、ちょうど、10時26分。

ドアtoドアで4時間15分かかったことになる。本当にご苦労様なことである。今日に限って夫は、大阪に行っているので、杉戸高野台まで自力で駅まで向かった。お疲れ様>ジブン。

それでも、ご相談者は、通常通り相談カウンターに来て下さる。ご相談のお電話も頂く。『参考になりました。』『体験者に相談してよかった。』『また、電話します。』ピアサポの存在をありがたいと思って下さるご相談者の存在で、我々の活動も成り立っている。

2007年このピアサポートをご一緒にスタートし、今は、患者会の代表や講師活動や執筆活動をされている方から、私が到着する前にお菓子を差し入れて下さったとか。ありがたい。

お弁当の時間に、温かい紅茶と一緒に感謝して頂いた。疲れた体にチョコの甘さが体の芯まで届き、また、午後からのご相談に力を頂いた。(勿論、来談者から頂くことはない。かつての仲間がエールを送って下さったのだ。)

長い一日は終わった。お風呂を沸かし早々と就床しよう。疲れた💦

重いキャリーバックを抱えて帰る夫から、『迎えに来て!』とか電話ありそうだけど、だけど、取りあえず私は寝る。

電話で起こされた時は、駅まで車を走らせ、その後は、眠剤飲んで寝ればいい。兎に角、疲れた!だから、寝る。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント