FC2ブログ
2018_01
10
(Wed)19:01

パクリタキセル(タキソール)投与中に意識失う!会員さんの事例から

最初に昨日のブログから読んで頂きたい。

そのパクリタキセル投与中に意識を失った(硬直)というメールが続編として届く。

それも、パクリ投与8回目で意識を失うと言う人は珍しいとか。通常ならこれでストップ(即座に中止であり、その後もパクリタキセルは使えない。)であるが、

昨日書いたように奏効(折角、効いているから)しているので、通常は、一時間の投与時間を3時間かけて抗がん剤を落とす対応(処置)をして下さり、今後も継続予定とのこと。

さすが、勝俣範之医師。ちょっとやそっとでは、ひるまない。

意識を失った状況として、パクリを、最初の10分はゆっくり入れて下さり、その後普通の速度にしたとたん苦しくなったとのこと。

訴えようかどうしようか迷ったけれど、近くにいる看護師さんに『苦しい』とSOSした直後に意識を失ったとのこと。

『遠慮せずSOSしてくれたおかげで処置が早くできました。』と言っていただいたということで、貴重な会員さんの経験談を、本日は書かせて頂いた。

自分の命は、遠慮するような軽い命ではない!いつも言っているこの言葉を、どうか、閲覧者様も肝に銘じて頂ければ・・・と、今回も強く思った次第である。

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円 
  

C.O.M.M.E.N.T

抗がん剤の副作用には気をつけて

医師も患者も、抗がん剤の副作用に気をつけ過ぎて困るということはありません。

私の知り合いで、アンスラサイクリン系の抗がん剤の影響で心肺停止になって九死に一生を得た人がいます。薬剤性の心筋症になっていたのです。
分子標的薬ハーセプチンも心臓に影響が出る場合があります。ですから、このような心毒性の投薬を受けた方は必ず定期的に心臓エコーなどの検査を受けた方が良いと思います。

乳がん患者さんのパクリタキセルで意識を失ったということですが、やはり通常通りの中止、その後の投薬はやめる、という方が安全に思えます。
8回目で意識を失ったのは、何か蓄積された作用があったと考えられます。(例えばアレルギーだとしてもすぐ起こるものばかりでなく蓄積された結果遅く出ることはよくある事です)

もし、その人が、パクリしか効く抗がん剤が存在しなく、それをしないとすぐ命が危ない状態であれば、減量し、入院させた状態でパクリをするという措置が良いケースもあると思います。
しかしそうでなければ、乳がんは使える抗がん剤も比較的数あるので、他の抗がん剤に変えた方が安全に思えます。
がんには効果があっても体がやられてしまったら本末転倒です。

2018/01/15 (Mon) 17:07 | ひでこ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 抗がん剤の副作用には気をつけて

ひでこ様

閲覧&コメントありがとうございます。

このコメントを患者さんご本人(会員さん)にお伝えしたいと思います。

アンスラサイクリン系やハーセプチンの心毒性は、よく耳にしているし、
投与される患者さんにも、こういった副作用があることは、事前に説明があるようです。

ただ、今回の勝俣医師は、経験や知識で、大丈夫!とおっしゃっているので、
会員さんも、それに従うと思われます。

私も、同じ立場であったなら、主治医に従うと思います。

そして、会員さんもお調べになり、納得して続投を希望されるのでは・・と
思ったりします。

本当にアドバイスをありがとうございます。
このようなご意見は、貴重で感謝です。

そして、必ず、このコメントを見るように、当人にお伝えしたいと思います。
ありがとうございました。


> 医師も患者も、抗がん剤の副作用に気をつけ過ぎて困るということはありません。
>
> 私の知り合いで、アンスラサイクリン系の抗がん剤の影響で心肺停止になって九死に一生を得た人がいます。薬剤性の心筋症になっていたのです。
> 分子標的薬ハーセプチンも心臓に影響が出る場合があります。ですから、このような心毒性の投薬を受けた方は必ず定期的に心臓エコーなどの検査を受けた方が良いと思います。
>
> 乳がん患者さんのパクリタキセルで意識を失ったということですが、やはり通常通りの中止、その後の投薬はやめる、という方が安全に思えます。
> 8回目で意識を失ったのは、何か蓄積された作用があったと考えられます。(例えばアレルギーだとしてもすぐ起こるものばかりでなく蓄積された結果遅く出ることはよくある事です)
>
> もし、その人が、パクリしか効く抗がん剤が存在しなく、それをしないとすぐ命が危ない状態であれば、減量し、入院させた状態でパクリをするという措置が良いケースもあると思います。
> しかしそうでなければ、乳がんは使える抗がん剤も比較的数あるので、他の抗がん剤に変えた方が安全に思えます。
> がんには効果があっても体がやられてしまったら本末転倒です。

2018/01/15 (Mon) 21:15 | がん患者会シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント